スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

倉敷藤花戦 矢内さん挑戦

大山名人杯倉敷藤花戦中継サイト
倉敷藤花戦中継Blog

昨日行われた倉敷藤花戦の挑戦者決定戦、中井広恵女流六段対矢内理絵子女流四段戦は96手で矢内女流四段の勝ち。2010年のマイナビで女王を失冠して以来久々のタイトル挑戦を決めた。

棋譜→第20期大山名人杯倉敷藤花戦挑戦者決定戦 中井広恵女流六段 対 矢内理絵子女流四段
将棋は後手矢内さんの角道を止める三間飛車。最近の矢内女流四段は振り飛車、特にゴキゲン中飛車を多用しているが、ノーマル三間だったのは意外だった。先手の居飛車穴熊に対して後手は真部流の構えで迎え撃つ。個人的にこの後手の指し方は昔よく使っていたので、興味深く観戦した。

難解な中盤戦になったが、5筋を突き捨ててから△5二飛~△4五桂で捌けて振り飛車が良くなった。ここら辺の捌き方が上手かったと思う。途中までは穴熊がやれそうだったが、いつの間にか悪くなっていた。
見事な穴熊崩しで矢内女流四段の快勝。

「タイトル戦」で矢内里見が対戦するのは初めてだが、番勝負では2007年(2006年度)のレディースオープントーナメント三番勝負で対戦がある。その時は里見さんが史上最年少の棋戦優勝なるかと騒がれたが、矢内さんが意地を見せ2勝1敗で優勝した。あれから約6年、2人の立場は逆転し、直近の対戦成績では矢内さんが5連敗中。

最近の里見さんは居飛車を指すことが多いので、矢内振り飛車対里見居飛車の将棋が見られるかもしれない。その可能性は高いと思う。戦型的にも楽しみな三番勝負になりそうだ。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/10/02 07:30 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL