スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第25期竜王戦第3局

竜王戦中継Plus
まずはじめに、第3局について神崎健二七段が書いているブログが面白いので紹介。
竜王戦第3局、角換、先手からの変化 - ある棋士の日常 2

今まで角換わり腰掛け銀は後手番が工夫の手を出すことがほとんどで先手番から手を変えるということが少なかった。これはその通りだと思う。だが、今回の竜王戦は先手の丸山九段が新手を出す展開になっている。丸山九段の工夫が実るかがこのシリーズの見所となっている。

棋譜→第25期竜王戦七番勝負 第3局 渡辺明竜王 対 丸山忠久九段
第1局は△7三桂保留型の角換わり腰掛け銀だったが、本局は△6五歩型の将棋になった。丸山九段の▲8八玉が早かったが、竜王の△6五歩を誘った意味があるのかな?▲8八玉で▲6六歩なら第1局と同じ形になってただろう。この6筋位取りはここ数年渡辺竜王が得意としている指し方である。

後手の6筋の位に対していきなり▲6六歩(41手目)と反発するのが丸山九段の新構想。その一手前の▲5九金が珍しかったが、この▲6六歩~▲6八飛の反発を用意したものだった。ただ、このバラバラの陣形で動くのはリスクも高そうだ。

△4二銀に先手は貴重な一歩を使って▲6三歩と叩く。△同銀に▲7七銀△6四歩▲4八飛。(ここで封じ手)後手は一歩得したが、二枚の銀と飛車の動きで損している。後手玉のコビンが開いて飛車銀が重くなってるこの瞬間を狙って4筋から仕掛ける。これが丸山さんの狙いだったのだろう。

丸山渡辺253_001

封じ手は桂頭を攻める△3五歩だった。対して丸山九段は▲4五歩と突いて大決戦になった。△5四金に2時間の大長考で▲2五桂と跳ね△3七歩成には▲4五飛と切って先手の攻めが続く。

先手が攻め、後手は入玉含みでしのぐ。この戦型の後手番ではよくある展開だ。先の名人戦でも角換わりで後手が入玉を目指すという将棋があった。

丸山渡辺253_002
王手竜取りがかかった後の△3六と!が本局最も印象に残った一手。後手はこのと金で攻め駒を掃除して上部脱出を狙う。しかし、2五の桂馬を取りきるまでに手数がかかるのでなかなか指せない手だ。本譜は先手の▲1五歩がぬるかった(?)ため桂馬を無事取りきることができた。

先手が寄せ切ることができるか、後手が入玉できるか。難解な終盤戦になった。後手玉が捕まりそうで捕まらない。先手にもう1枚歩があれば▲3八金(89手目)で▲3八歩と打ったり、▲4七歩と合わせる手があるのだが、歩切れなので寄せ方が難しい。そうこうしているうちに「逆転」してしまった。

丸山渡辺253_003
▲1四角(101手目)では控室でも指摘されていた▲4七角が優ったようだ。本譜は際どく逃げ切って渡辺竜王の勝ち。

<追記>しかし、▲4七角△3七玉の変化でも△3四角と受けると後手玉は寄らなかったらしい。
竜王戦中継plus: 後手玉は寄らなかった?

最後は丸山九段のほうに何か勝ちがありそうだったが、持ち時間がないのも影響したかもしれない。6筋の飛車銀が全く使えてないのに後手が勝ってしまうという不思議な将棋だった。これで勝つんだから竜王は強い。

丸山九段が序盤から工夫を見せて面白い将棋だった。ようやく二日制らしい内容の濃い戦いを楽しむことができた。それだけに最後丸山さんに勝ってほしかったが、渡辺明の壁は厚かった。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/10 08:31 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL