スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

王将戦の挑戦者争い(渡辺深浦戦)

第62期王将戦挑戦者決定リーグ戦対戦表

昨日は王将戦挑戦者決定リーグの全勝対決、深浦康市vs渡辺明戦の携帯中継がありました。既に4勝している深浦九段は勝てばプレーオフ以上が確定という大一番でした。

戦型は渡辺竜王が先手で横歩取りだった。後手は8四飛+5二玉型の中原囲い、対して先手も5八玉→6九玉の中原囲いに囲う将棋となった。
後手が二枚の桂馬が気持ちよく捌けたのに対し、先手は1七の桂馬がなかなか使えない。1六に馬を作られたあたりは後手が良いと思っていた。
パッと見後手玉のほうが広いので逃げ切れそうだったが、そうでもなかったようだ。
▲2七角で竜を消した手が好手で、最後は遊んでいた1七桂も捌いて即詰み。

勝った渡辺竜王は3勝0敗で単独首位、敗れた深浦九段は4勝1敗となった。深浦九段が敗れたことで2敗の羽生、郷田にも挑戦の可能性は残っている。ちなみに王将リーグは同星の場合上位2名プレーオフなので、仮に渡辺、深浦、羽生が4勝2敗で並ぶと順位最下位の深浦さんが「頭ハネ」されてしまう。深浦ファンとしてはそれは避けてほしいので何とか最終戦勝ってもらいたい。

今日のこの勝ち方をみると渡辺挑戦かと思ってしまうが、今年は取りこぼしが多いのでまだわからない。次の対戦相手が苦手としている久保九段だし、最後に羽生戦も残ってる。もつれる可能性は十分ある。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/13 07:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL