スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

渡辺9連覇 第25期竜王戦第5局

竜王戦中継plus: *第25期竜王戦七番勝負第5局
棋譜→第25期竜王戦七番勝負 第5局 渡辺明竜王 対 丸山忠久九段

第5局も予想通り角換わりだった。2年続けての渡辺丸山戦だがこれで全局角換わりだったことになる。

序盤の細かい駆け引きが面白かった。丸山九段は第3局に続いて▲6六歩を保留して早めの▲8八玉。対して後手は△4二銀型のまま△3三銀を保留する。その結果よくありそうで、あまり無い局面に進んだ。

封じ手の局面は後手だけが桂馬を跳ねて先攻できるので若干竜王良しだと思った。△6五同桂▲6六銀に玉頭からの継ぎ歩攻めがある。△8六歩に▲7九玉と逃げるが、そこで△4二金右(56手目)が感心させられた一手。攻めを急がずじっと自陣に手を入れる。終盤の△4二歩(100手目)もそうだ。

その後も後手優勢で推移したが、▲2四歩に△同銀!(94手目)と取った手は控室だけでなく全国の将棋ファンが驚いたことだろう。

渡辺丸山255_001

銀香交換だが、この局面では香車の価値が高い。やはり△5四香(108手目)が厳しく先手玉は受けが難しくなった。

しかし、ここからの挑戦者の粘りは見事だった。特に▲6三金(117手目)に丸山九段の執念を感じた。ここに金を使うようでは勝てないのが第一感だが、指されてみると難しい。解説では丸山にもチャンスが出てきたと言われていたが・・・

渡辺丸山255_002

しかし、△1九角成(138手目)という凄い手があって、攻めが続いた。▲同飛なら△7七金▲5七玉△6八角成▲4八玉△3六銀で寄っているようだ。丸山は▲4五香と銀を取ったがこの手は詰めろではなく△1八馬と飛車を取って渡辺竜王の勝ち。このシリーズで一番の熱戦だったと思う。

形勢は渡辺竜王がずっと優勢だったが、最後丸山九段の渾身の追い上げで大熱戦になった。この粘りが第1局、2局でも見られればもう少し面白いシリーズになったと思うのだが、エンジンがかかるのが遅かったか。

これで渡辺竜王は9連覇。羽生、森内、佐藤、丸山と名人経験者4人を2度ずつ倒したことになる。これは凄い。

今期は竜王戦が始まる前に王座を失っていたが、その影響を感じさせない防衛劇だった。王座戦でああいう負け方をしたのでしばらく調子を落とすかもしれないと思ったが、むしろ絶好調。王将戦では全勝で挑戦を決めたし、棋王戦でも勝ち残ってる。この勢いでタイトルをさらに増やしてほしいと思う。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/30 07:31 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL