スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

B級2組順位戦 藤井vs野月

名人戦棋譜速報
一昨日のB級2組順位戦。1敗の藤井猛九段は野月浩貴七段との対戦だった。

戦型は先手藤井の角交換振り飛車。図は野月七段が△6四歩と突いたところ。後手は玉の囲いよりも△7四歩~△6四歩を優先したが、反面先手に争点を与えてしまうデメリットがある。「相手の指した手を必ず悪手にする」のが藤井将棋。当然この手を咎めにいく。
藤井野月001

図から▲6六歩△7三桂▲7七桂

△8八角が見えているだけに大胆な手だが、この手が成立していた。△8八角には解説にもあったように▲6五歩から6筋を突破できそう。

そこで野月七段は長考の末に△7二金と自重したが、△8八角が打てなかった時点で既に勝負アリの感がある。▲6五歩から桂交換になって先手がポイントを奪った。

後手は△7三金と上がって辛抱するが、▲4六角から▲6四飛(35手目)と気持ちよく捌いて振り飛車がリードを広げた。
以下、後手に何もさせず61手で藤井九段の圧勝。序盤で△7四歩から△6四歩を急いだ後手だったが、▲7七桂で見事に咎められてしまった。

===============
7回戦終了時点でのB級2組の成績は以下のようになっている。
6勝1敗:藤井(1)、飯島(5)、窪田(15)、豊島(22)
5勝2敗:佐藤天(21)
4勝3敗:北浜(3)、戸辺(4)、畠山成(8)、杉本(12)、阿部隆(13)、安用寺(20)
3勝4敗:中村修(2)、島(7)、堀口(9)、野月(10)、森下(11)、南(14)、先崎(16)、田村(18)
2勝5敗:豊川(19)、青野(24)
1勝6敗:中川(6)、泉(17)、神谷(23)

佐藤天彦七段が窪田六段に敗れ、2敗に後退した。昇級者争いは1敗の4人と2敗の天彦までだろうか。次回は飯島vs窪田の直接対決がある。

藤井先生は残り3つ、先崎、森下、神谷との対戦が組まれている。いずれも手強い相手だがこのまま勝ち続けてB1に戻ってほしい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/15 08:05 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL