スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JT将棋日本シリーズ決勝(深浦-谷川)に行ってきました~その1~

JT_1

東京ビックサイトまで行ってきました。

今年度各種棋戦で上位に勝ちあがっている深浦康市王位に、
渡辺竜王のインフルエンザで急遽出場が決まった谷川浩司九段の対戦。決勝にふさわしいビッグカードとなりました。

JT_2
↑対局前のインタビュー。しかし、写真ぶれすぎ(苦笑)

振り駒で谷川九段の先手
戦型は横歩取り△8五飛、これに谷川九段は「新山崎流」と呼ばれる居玉で攻めていく対策です。
谷川九段は両方の桂馬を跳ねていく激しい展開を選びました。
将棋は谷川九段が、相手に決めてを与えない指し回しをしつつ、じわじわと寄せます。

最後は自玉の逃げ道を作り、飛車取りで寄せにも利いている▲9五角!、
「もうあなたには何もさせませんよ」と言わんばかりの手で、このあと深浦さんは「思い出王手」をかけた後、自玉には詰めろはかかっていませんでしたが、勝ち目なしとみて投了されました。

面白い将棋でしたね。やはり谷川先生は寄せの構図を描くのが巧い!

ひふみんこと加藤一二三大先生の解説も楽しかったです。あまり手は当たらなかったけど(笑)
大先生の解説を生で聞くのは初めてでしたが、テレビで見るのと同じ雰囲気で面白かったです。

これで谷川九段は12年ぶり6回目の優勝。

JT_4


ちなみに賞金500万は「本来自分には出場資格がなかったので」、JT及び実行委員会に寄付(返還)するそうです。人格者すぎる。
羽生七冠達成時の「羽生さんにも申し訳ない」発言を思い出させる、谷川さんらしい行動だと思いました。

<11月24日追記>
詳細の棋譜を
JT将棋日本シリーズ決勝に行ってきました~その2 加藤一二三九段の解説~
にアップしました。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/11/22 22:36 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL