スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

B級1組10回戦 行方八段昇級決定!

B級1組対戦表(名人戦棋譜速報)
昨日のB級1組10回戦、全勝の行方尚史八段が勝って、2敗の畠山鎮七段が敗れたために行方の2位以上が確定。残り3戦を残して2度目のA級昇級が決まった。

△行方 尚史八段(8勝0敗)-▲鈴木 大介八段(4勝5敗)
行方八段は鈴木大介八段との対戦だった。
戦型は鈴木の先手中飛車・角交換型で後手に馬を作らせる将棋。後手ゴキ中vs▲7八金型でも▲2三角(△8七角)から馬を作らせる変化があるが、それと部分的には似ている。先手は馬を作らせる代わりに8筋、7筋から反撃する構想。
だが、本譜はこの馬が終始大威張りで行方の完封勝ち。注目の対局だったが、一番早く終わってしまった。

今期の行方八段は他棋戦でも白星を積み重ね、勝率8割超えと絶好調だ。去年結婚したのが良い方向に働いたのかな^^前回A級に上がったときには1勝しかできなかったが、今回は残留してほしいと思う。

ちなみに、年明け前に昇級が決まったのは54期B1の佐藤康光以来のようだ。
あとは丸山忠久(56期)以来史上2人目の全勝昇級なるか。次回11回戦の対戦相手がその丸山というのは面白い。

その他の結果は以下の通り。

鈴木 大介八段(4勝6敗)●-○行方 尚史八段(9勝0敗)
木村 一基八段(3勝6敗)○-●畠山 鎮七段(6勝3敗)
中田 宏樹八段(2勝7敗)●-○松尾 歩七段(6勝4敗)
久保 利明九段(7勝2敗)○-●山崎 隆之七段(5勝4敗)
丸山 忠久九段(4勝5敗)○-●広瀬 章人七段(6勝4敗)
井上 慶太九段(2勝7敗)●-○阿久津 主税七段(3勝6敗)
※飯塚祐紀七段(3勝6敗)は抜け番

広瀬と山崎が4敗に後退。まだ可能性が消えたわけではないが昇級はかなり厳しくなった。
次回11回戦で、2敗の久保と3敗の畠山鎮の直接対決があり、そこで久保が勝つと順位の差で昇級が決まる。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/21 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL