スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第38期棋王戦挑戦者決定戦第1局

棋王戦中継plus: *第38期棋王戦挑戦者決定戦第1局
棋譜→第38期棋王戦挑戦者決定二番勝負 第1局 渡辺明竜王 対 羽生善治三冠

渡辺竜王が勝てば挑戦決定、敗者組の羽生三冠が勝つともう一番という変則二番勝負の第1局。

戦型は羽生三冠先手で矢倉だった。先手の▲4六銀・3七桂に対して後手は△7三角を保留して△8五歩を急ぐ。△9五歩ならいわゆる「91手定跡」に進む可能性が出てくるが、渡辺は先の順位戦(vs屋敷戦)で痛い目にあっている。本局は△9五歩型にはしなかった。

その結果いわゆる「銀損定跡」に進んだ。今年の王座戦第4局指し直し局でも指された流行形である。先手は銀損するけれども、攻めが続けば良し。一方後手は駒得だが終始受け続ける展開になって結局負けることが多い。プロの実戦では先手のほうが勝率が良い形。

羽生渡辺棋王38_001

61手目▲3四桂が羽生三冠の新手だった。俗手なので今までプロが選ばなかった手だ。そういう手を羽生さんが指したので驚いた。
△3一玉に一本▲6四歩の突き捨てを入れる。突き捨てはこの形の常套手段だが、正直指された瞬間は狙いが分からなかった。

後手は角を交換してから△3三歩と桂取りで攻めを催促するが▲7一角が厳しい。角を切って▲4五桂(79手目)と跳ねたところでは後手を持って受け切るのは大変そう。△2七角には先ほどの突き捨ての効果で▲6八飛と回る手がある。

羽生渡辺棋王38_002

6三に飛車が成ってこのまま先手が攻め切るかというところで△6九銀!のタダ捨てがあった。竜が動くと△7八銀成から先手玉が詰んでしまうという鬼手。▲6九同竜と取らざるをえないが、△6八歩▲同竜△6七歩で竜を封じ込める。

△6九銀で難しくなったかと思ったが、そこからの羽生三冠の指し回しがまた素晴らしかった。2四の銀を取らずに▲5六銀~▲4六金~▲3七桂と自陣に投入して抑えこみにいく。二枚の金を前進させて盤面全体を制圧した。

終わってみれば羽生三冠の圧勝。途中先手は角損だったがそれでも攻め切ってしまうという相矢倉らしい将棋だった。渡辺竜王の「矢倉では角得くらいでは追いつかない場合があります。ちょっと攻められすぎましたね」(91手目棋譜コメントより引用)という感想が印象的だった。

これで両者共に1敗で年明けの第2局(実質第3局)に持ち越しとなった。第2局は改めて振り駒で手番を決めるとのこと。羽生渡辺戦は先手番の勝率が高いので振り駒勝負ということにもなりそうだが、果たしてどうなるか。

木村の矢倉 3七銀戦法基礎編木村の矢倉 3七銀戦法基礎編
(2012/12/26)
木村 一基

商品詳細を見る


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/27 07:30 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(1)
こんばんわ☆
こんばんは、かすみと申します☆
ttp://kasumin3333.blog.fc2.com/でブログ書いてます♪

ブログ、楽しく読ませてもらいました―♪
今更ながらに将棋にハマった初心者ですが。。。

私のブログにもよかったら遊びに来てください☆

あっ…男性依存症の病気なので((+_+))
そういうものに御理解があれば、
私のブログにも遊びに来て下さい★
これからも更新楽しみにしてます♪
[ 2012/12/27 20:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL