スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年のプロ将棋~矢倉91手組

今年(2012年)のプロ将棋も色々な出来事がありましたが、その中でも矢倉の91手組と呼ばれる形で先手番が勝ち続けたことが印象に残っています。
特にA級順位戦の▲屋敷△渡辺戦で渡辺竜王が持ち時間を大量に残して敗れた将棋は衝撃的でした。

矢倉91_001

第1図(80手目△3三銀)は今年3月の第61回NHK杯決勝▲羽生△渡辺戦と同じ局面。NHK杯では▲7一馬だったが、ここから▲3四桂△1二玉に▲3三馬と切るのが最新形で以下、△3三同金▲2二金△同飛▲同桂成△同玉▲8二飛△3二歩▲8一飛成(第2図)までが「矢倉91手組」。なんとここまで前例がある。

渡辺屋敷91_001

第2図で渡辺竜王は△4三金と指したが、▲4一竜△4二歩▲3四歩△1四歩▲1一銀以下後手玉は寄ってしまった。▲3四歩~▲1一銀が渡辺の盲点となったようだ。前例のある局面から数手で優劣がはっきりしてしまった。

この形は先手が全勝で渡辺竜王も先手番を持って2回勝っている。将棋世界12月号の「勝又教授の勝手に戦法ランキング」では「赤信号疑惑のある△9五歩型」と書かれていましたね。

相矢倉ではもう1つ「銀損定跡」と呼ばれる形も流行っている。91手組は△9五歩型だったが、こちらは△8五歩型で早めに△4二銀と引く形。最近では王座戦第4局指し直し局▲羽生△渡辺戦が有名だ。
この形も先手番の勝率が高く、先日の棋王戦挑決▲羽生△渡辺も先手勝ちだった。

2010年頃に「2手目△8四歩問題」が話題になった。当時は角換わりの先後同型が後手厳しいと△8四歩と突きづらくなり、その結果矢倉も減ってしまうという話だった。その後、先後同型でない形=専守防衛型で渡辺竜王が結果を出したことで「角換わりは後手も戦える」ようになって△8四歩は復活した。

今はどちらかというと矢倉そのものが苦しくなっている。
今年の王座戦五番勝負は羽生さんの振り飛車採用と第4局の△6六銀が話題を呼んだが、渡辺竜王が後手矢倉で苦しんだシリーズでもあった。第1局は急戦矢倉で勝ったが、第3局は急戦矢倉からの雁木で完敗、第4局は相矢倉の銀損定跡で敗れた。竜王が後手矢倉で結果を出していれば防衛できたかもしれない。

後手番では2手目△8四歩にこだわる渡辺明や郷田真隆が、このままだと△3四歩にも手を出さなければならなくなるかもしれない。しかし、2手目△3四歩の後手番も大変。竜王の言葉を借りれば「後手は何をやっても苦しい」のだが、そういう中でどう工夫していくかに注目したいと思う。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/31 17:31 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL