スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第38期棋王戦第1局 郷田快勝

棋王戦中継plus: *第38期棋王戦五番勝負第1局
郷田渡辺の棋王戦五番勝負がついに始まった。両者とも居飛車党の本格派で2手目に△8四歩と突くことが多い。矢倉と角換わりを中心とした相居飛車シリーズになりそうだ。

棋譜→第38期棋王戦五番勝負 第1局 郷田真隆棋王 対 渡辺明竜王
第1局はその予想に反して初手▲2六歩からの相掛かりになった。先日の王将戦第1局も相掛かりだったのでその影響もあったかもしれない。先手の引き飛車棒銀に対して、後手は△8四飛型を選ぶ。最近は飛車を中段に浮いて端攻めを狙う指し方も流行っているが、渡辺竜王はそういうのは好まないようだ。

王将戦第1局では△8四飛+△3三角から中原囲いに構えたが、本局は角を交換して△3三桂と跳ねた。この指し方は郷田さんが後手を持って得意としている。後手は△2三銀から銀冠に囲い、先手は▲4五歩から4六に角を置いて後手の攻めをけん制する。

昼休明けに渡辺は5三に自陣角を打った。▲3五歩を受けつつ端に狙いをつける。このあたりは銀冠が堅く端攻めもあるので、後手もまずまずだと思ったのだが。

郷田渡辺棋王1_001

▲8三桂(72手目)に△7三桂打はコンピュータみたいな手だけれど、ここに桂馬を投資するようでは苦しかったのかもしれない。渡辺竜王は△9四飛(80手目)のところで長考していたが、このあたりで誤算があったか。序中盤飛ばして終盤の勝負所に時間を残すのが渡辺竜王のスタイルだが、この長考で残り時間も逆転してしまった。

郷田渡辺1_002

先手からは▲4五歩(93手目)が厳しい攻めだった。△6六桂には▲4四歩△8五桂▲9六香。▲9六香が受けの好手で後手が一手足りない。その後も激しい攻め合いが続いたが郷田棋王がそのまま押し切った。

一局を通して、郷田棋王が上手く指して竜王の持ち味を出させなかった。
▲6七金右(69手目)や▲4五歩など郷田流の格調高い指し回しが光った将棋だった。

渡辺竜王にとっては順位戦に続いて痛い敗戦となった。ここから過密スケジュールが続くが、何とか乗り切ってほしい。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/04 07:30 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL