スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

将棋世界2013年3月号(米長追悼号)の感想

将棋世界 2013年 03月号 [雑誌]将棋世界 2013年 03月号 [雑誌]
(2013/02/01)
不明

商品詳細を見る


今月の将棋世界は昨年12月に亡くなった米長邦雄永世棋聖の追悼特集号となっています。

タイトル保持者5人の追悼文に始まり、米長永世棋聖にゆかりのあった棋士13人、観戦記者、そして林葉直子さんの追悼文が掲載されている。米長門下生の中で唯一先崎学八段のが無かったが、どうしてだろうか?破門された林葉さん、絶縁関係にあった中川八段も書いていたのでちょっと残念。

どれも読み応えがあったが、その中でも印象に残ったのは、内藤國雄、田中寅彦、伊藤能、林葉直子の追悼文。特に内藤國雄氏のが一番良かった。晩年の確執についても隠さず書いていて面白かった。

連盟会長としての米長氏は功罪両面あった人だった。例えば田中寅彦は「月のような人」というタイトルでこう書いている。

 近くで共に仕事をすると、将棋界の将来に対し、切羽詰まったような熱い思いがあり、その思いに反する者には永久凍土のツンドラ地帯のように冷たい、米長流の法則があった。
 共に働くと火傷しそうな思いに振り回され、誤解されればシベリア送りである。
 実は人に対してとても優しく大変気を回すのだが、相手の気持ちを読みすぎて自ら誤解し、結果相手にも誤解されることが多々あった。
 むしろ、夢を食べるバクのように、揉め事をパワーの源としている節も感じた。

これほど的確な表現はないだろう。熱い思いと行動力で沢山の成果を出したが、その一方で各方面に軋轢を生じさせた人だった。

今将棋界を賑わせているLPSA問題は米長氏の負の遺産の1つだと思う。それらをいかにして修復するかが残された人々にとっての課題だ。

米長将棋については、青野照市九段が「将棋時評」のコーナーで詳しく分析している。また「名局セレクション」も米長編ということで高橋道雄九段が3局選んで解説している。私の好きな森安先生との将棋も取り上げられていて嬉しかった。
紙面の都合上載せ切れなかった将棋も沢山あると思うので「米長名局集」の出版が待たれるところだ。

米長永世棋聖といえば忘れてはならないのが「米長哲学」。イメージと読みの将棋観の(4)では「将棋界に生きる米長哲学」というテーマで6人の棋士に質問している。この質問に対する渡辺明竜王の回答が面白かった。他の5人は「全力を尽くすのは当然」という模範回答だったけど。
こういう率直なところが渡辺竜王の良さだと私は思う。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/06 07:00 ] 将棋世界 | TB(0) | CM(1)
うわー私も同じ感想です。特に、「先崎八段の文章がない」「田中寅彦の表現が的確」「内藤國男の晩年の確執を正直に書いている」「渡辺明の米長哲学に対する回答が正直で面白い」
などは私も同感でした!
[ 2013/02/06 19:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL