スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第6回朝日杯 渡辺竜王初優勝

朝日杯将棋オープン中継サイト
昨日は朝日杯の準決勝・決勝がありました。

まずは午前の▲羽生三冠対△渡辺竜王戦。これが今年度10局目の対戦だった。
後手の渡辺竜王が先日の順位戦に続いて横歩取らせを採用した。△5二玉+△8四飛型に先手が中住まい型の中原囲いで端桂を跳ねる形に進んだ。後手は△3八歩と垂らしてから桂頭を攻める。

▲7五歩(43手目)が疑問手だった。△8五桂と跳ねられて7四の歩を取っても△7七歩が生じてしまう。ただ、その前の△1五歩突かれた時点で先手が困っているのかもしれない。中盤で差が開いてしまいワンサイドゲームとなってしまった。

もう1つの菅井谷川戦は相振り飛車。終盤谷川九段が優位に進めていたが逆転、急転直下の幕切れとなった。詳しい感想コメントがupされてないが桂香拾った手が緩手だったと思う。100手目のところで先に△2七銀を打ったほうが良かったか。菅井五段の▲4八角が粘り強い受けだった。

決勝は渡辺明(28歳)と菅井竜也(20歳)の20代対決となった。

棋譜→第6回朝日杯将棋オープン戦決勝 渡辺明竜王 対 菅井竜也五段
戦型は菅井五段のゴキゲン中飛車に先手の「超速」。早めに5筋を交換するのが菅井五段の作戦だった。対して先手は5筋と6筋の位を取って盛り上がる。私はこういう手厚い陣形が好きなので先手持ちだが、後手としては5筋位取りを強要させたという意味もある。

後手は5筋の位を放棄する代わりに玉を固めて千日手含みで待つ。44手目の△5三歩は「昔だったら相当に怒られてしまう」(羽生三冠)手だが、現代感覚ではこういうのもアリなのかもしれない。「作戦勝ち」でも、居飛車が勝つまでは大変だと思った。

渡辺菅井001

70手過ぎまで膠着状態が続いたが、菅井五段にミスが出てしまう。それが△3一飛(72手目)で▲2四歩と突かれて困ってしまった。△2四同角に▲2二歩が振り飛車党にとって盲点になりやすかったようだ。

準決勝に続いて渡辺竜王の圧勝。相手のミスを的確に咎める強い勝ち方だった。

先週から今週にかけて渡辺竜王は3連敗していた。順位戦(1日)で羽生三冠に、棋王戦(3日)で郷田棋王に、そして王位リーグ(6日)で佐藤王将に敗れた。いずれも超強豪なので仕方ないのだが、並の棋士なら調子を崩してしまいそうなところだ。しかし、昨日の竜王は連敗の影響を感じさせなかった。常日頃から「将棋において精神論はない」「調子や流れは関係ない」と言い切る渡辺竜王だが、それを自ら証明してみせた。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/10 08:02 ] 朝日杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL