スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第62期王将戦第3局 康光流の玉捌き

王将戦中継ブログ: *第62期王将戦七番勝負第3局
棋譜→第62期王将戦七番勝負第3局 ▲佐藤康光王将-△渡辺明竜王

戦型は横歩取りだった。渡辺竜王は2手目△8四歩党だったが、先日のA級順位戦以来横歩取らせを連採している。後手の△5二玉型中原囲いに先手は▲6八玉型を選んだ。

渡辺佐藤王将3_001

図は先手が5六角と打ったところ。桂頭攻めを見せつつ後手の動きをけん制している。この自陣角は好手だったと思う。▲5六角以下△2五銀▲2六歩△3四銀▲4六歩△2三銀▲2五歩と進んで封じ手となった。34手目と封じ手の局面を比べると分かるように後手は銀しか動かしてなく4回パスした計算になる。封じ手の局面は後手の指し手が難しく、早くも先手ペースという感じがした。

渡辺佐藤王将3_002
▲7七銀を見て、後手はかねてからの狙いである端攻めを決行する。対して▲8八玉(57手目)が佐藤王将らしい力強い手だった。端攻めから遠ざかるのではなく、玉自ら攻め駒を責める。図から△9六歩▲同歩△9七歩には▲8六歩△9六香▲8七玉!

渡辺佐藤王将3_003

この玉上がりで後手の攻めは切れている。以下▲8六玉~▲9五玉と突進して入玉に成功。前期王将戦第1局の5七玉を思い出させる力強い玉捌きで佐藤の圧勝となった。右辺の駒は全く動かさずに玉だけで勝った将棋だった。

佐藤王将の玉の動きもすごかったが、本局の陰のMVPは5六角だったと思う。この角のニラミで端攻めを緩和することができたし、入玉の拠点も作れた。一局を通して▲5六角がよく働いた将棋だった。

第1局、2局と内容の良くなかった佐藤王将だが、本局は佐藤ワールド全開の将棋を見せてくれた。先日の王位リーグでも渡辺竜王に快勝してたし、流れは佐藤王将にあるのかなと思う。とはいえ、「調子や流れは関係ない」というのが渡辺理論なので、次局はしっかりと立て直してくるだろう。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/15 07:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL