スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第62期王将戦第4局 渡辺奪取まであと1勝

王将戦中継ブログ: *第62期王将戦七番勝負第4局
棋譜→第62期王将戦七番勝負第4局 ▲渡辺明竜王-△佐藤康光王将

戦型は後手佐藤王将のダイレクト向かい飛車。佐藤王将は最近後手番でこの作戦を連採している。第2局もこのダイレクト向かい飛車だった。

▲6五角を打つかどうかが序盤のポイントだが、渡辺竜王は打たずに▲7八玉から駒組みを進める。
先手の7筋位取りに、後手は片銀冠。先手は▲6七金左から地下鉄飛車を狙う。何となく先手の陣形は渡辺明ではなく佐藤康光や山崎隆之という感じがする(偏見?)。後手の片銀冠が堅いのに対し先手は薄いので渡辺好みではなさそうだなと思った。

渡辺佐藤王将4_001
▲7八玉(51手目)に△3四角と自陣角を打つのが後手の構想だった。7八玉と8九飛を串刺しにして先手の動きをけん制する狙い。この角が好打で振り飛車が指せそうに見えた。

▲5六角(75手目)から先手の反撃が始まった。△5五銀には▲8三角成と切って後手の銀冠が弱体化する。△8三同金に▲3三角以下激しい攻め合いになった。

そしてクライマックスの局面。△5九銀と引っかけられて先手玉がかなり危なくなったが、▲5七金!のタダ捨てがピッタリだった。

渡辺佐藤王将4_003
△5七同馬は▲6二飛成があるので△5二歩と受けたが、▲4七金で馬を取られたのは痛い。以下△7二金上▲同桂成△同金に▲5八金が手堅い決め手で先手がはっきり勝ちとなった。

佐藤王将も▲5七金は読めてなかったとのこと。その数手前の△6二金(92手目)が疑問で、そこで△5九銀と打っていれば後手有望だったようだ。

第2局、3局と一方的な内容が続いたが、本局は最後まで難解で見ごたえがあった。どちらが勝ってもおかしくなかったが、最後は渡辺竜王の終盤力が上回った。この接戦を制したのは竜王にとって大きいだろう。念願の王将奪取まであと1勝だ。

一方、佐藤王将は後がなくなった。竜王相手に残り3連勝は厳しいと思うが、何とか踏ん張って最終局まで望みをつなげてほしい。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/21 07:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL