スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女流名人戦第5局 里見四冠を死守

ユニバーサル杯女流名人位戦中継ブログ: *第39期五番勝負第5局
棋譜→第39期女流名人位戦五番勝負第5局 里見香奈女流名人 対 上田初美女王

ここまでの4局はいずれも先手番が勝っている。ということで振り駒に注目したが先手となったのは里見女流名人だった。戦型は後手上田の四間飛車穴熊に先手里見の居飛車銀冠。上田女王は昔から四間穴熊を得意としている。最近ではゴキ中を指すことも増えていたが、本局は頼れる相棒に命運を託した。

△5四歩(34手目)では△7四歩を先に突くことのほうが多いと思う。対して先手は端歩を突いていないのがどう影響するか。先手の▲2四歩の仕掛けに5筋から反撃して中央での戦いとなった。

△4五歩に▲6四角(71手目)と切って一気に激しくなった。

△6八金(82手目)で先手玉に先に詰めろがかかったが、▲7九銀と受けられてうまく詰めろが続かない。後手の穴熊も遠いのだが、それ以上に先手の米長玉は遠く耐久力があった。

詰むや詰まざるやの終盤戦が一時間近く続いたが、里見が凌ぎきった。

感想コメントによると、104手目△9五桂が敗着で先に△2九飛成(△9五桂以下の詰めろ)なら後手に勝ちがあったようだ。
里見上田5_001

さらに上田女王のツイートによると▲6三角(111手目)に△5九竜!という手があった模様。
里見上田5_003


▲6三角は詰めろ逃れの詰めろ(▲8一角成△同玉▲4五角以下)だが、△5九竜は再度詰めろ逃れの詰めろ(先手玉の5筋脱出を防ぎつつ、▲4五角に△5四歩を用意している)になっている。これは私も鳥肌が立った。

最終戦にふさわしい大熱戦だった。今期の女流棋戦では一番の名局だと思う。

惜しくも奪取はならなかったが、上田女王は大健闘だった。開幕前の女王の下馬評は低かった。過去の対戦成績も上田の全敗だった。それを考えるとよく頑張ったと思う。二人の差が縮まったと感じたシリーズだった。

しばらくは里見上田の二強時代が続くだろう。この2人は4月から始まるマイナビ女子オープン五番勝負で再び相まみえる可能性がある。次の戦いも楽しみですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/28 07:00 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL