スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第62回NHK杯準決勝 渡辺明vs鈴木大介

棋譜→2013年03月03日第62回NHK杯準決勝第1局
今期のNHK杯も佳境を迎え残り3局となっている。準決勝第1局は渡辺明竜王と鈴木大介八段の対戦。

先手の鈴木八段は対局前のインタビューで「渡辺竜王得意の穴熊に組ませて勝ちたい」と力強く意気込んだ。現代将棋では穴熊に組ませない角交換系の振り飛車(石田流やゴキゲン中飛車)が流行っているが、そうではなく堂々とノーマル振り飛車で行くと宣言した。

その宣言通り鈴木八段のノーマル四間飛車になった。後手の渡辺竜王は注文どおり居飛車穴熊。鈴木は準々決勝でも四間飛車を採用して屋敷九段の居飛車穴熊を破っている。後手は△4二金寄~△3二金寄~△4三金で千日手含みで待つ。

鈴木渡辺NHK001

図は▲1七銀と上がったところ。元々6六にいた銀がここまで来た。先手は次に▲2六銀右~▲2八玉とすれば手厚く堅い囲いが完成するが、この瞬間が怖い。ここがチャンスとみた竜王は△8六歩▲同歩△9五歩▲同歩△5五歩▲同歩△7五歩▲同歩△9五香と仕掛けた。9五の香車を取ると、△7六歩がある。本譜は▲7四歩△8四角の交換を入れてから香車を取ったが、その香車を▲8五香と打つのではちょっと辛い気がする。

とはいえ、形勢は難しかったのだが、その後先手に疑問手があって一気に差がついた。▲8一香成(89手目)ではじっと▲6五飛と引いておいたほうが良かったと思う。△5五飛から捌かれて「堅い・攻めてる・切れない」の穴熊の勝ちパターンに入ってしまった。

122手で渡辺竜王の勝ち。

感想戦によると、▲1七銀が隙を作ってしまったので、▲6七飛と待ったほうが良かったようだ。

「穴熊に組ませて勝つ」宣言は格好よかったが、ちょっと男らしすぎたかな。結果論だけど、竜王相手に穴熊に組ませないほうが勝率は上がったと思う。でも、これで準決勝まで勝ちあがってきたわけだし仕方ないですね。

四間飛車激減の理由 (マイナビ将棋BOOKS)四間飛車激減の理由 (マイナビ将棋BOOKS)
(2012/10/23)
阿部 健治郎

商品詳細を見る

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/04 20:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL