スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第62期王将戦第5局 渡辺王将奪取

王将戦中継ブログ: *第62期王将戦七番勝負第5局
棋譜→第62期王将戦七番勝負第5局 ▲佐藤康光王将-△渡辺明竜王

渡辺の3勝1敗で迎えた第5局。戦型は相矢倉だった。中継記者の方も呟いていたがこの2人の将棋で矢倉というと第19期竜王戦第3局の△7九角を思い出す。2連敗スタートの渡辺が流れを変えた将棋だった。

最近は▲4六銀・3七桂が流行っているが、本局は25手目▲6八角の森下システム。後手の7筋交換に一手損で▲4六角と上がる形になった。
20130307渡辺佐藤王将1

図(△3四歩まで)は先手が2筋、3筋を突き捨てて銀を捌いたところ。ここから▲4六角△3五銀▲5五角△4二角▲6五歩と進んで封じ手となった。4六角だと当たりが強くなるので角は6八に深く引くと予想されていた。▲5五角も端攻めから十字飛車があるので怖いところ。それを恐れないのは佐藤さんらしいと思った。封じ手の局面、ニコ生解説の村山さんは一歩得の後手持ちだった。

△9三桂(66手目)~△8五桂と跳ねたところは後手の攻めが一手早くしかも駒得。ただ、4二の角と7三の銀が働いてないので難しいのかなと思っていたが、そこから一気に後手がリードを広げた。▲3三歩に△同角と取ってあっさり角を取らせたのが好判断だったと思う。

20130307渡辺佐藤王将2

馬で飛車を取って△5九飛(92手目)が予想以上に厳しかった。佐藤はこの局面が先手良しだと思って進めてきたが、実際は後手優勢だった。▲2四歩△同歩に▲6七角と受けるのでは辛い。最後は遊んでいた7三の銀も働いてきて渡辺竜王の完勝。通算4勝1敗で初の王将奪取となった。

===============

私の開幕前の予想は佐藤王将の防衛だった。過去の対戦成績で渡辺竜王のほうが分が悪いので今回も苦戦するだろうと思っていた。だが、その予想は外れた。過密スケジュールの影響も感じさせない強さだった。

今回のシリーズでは渡辺竜王の時間の使い方が印象に残った。序盤から湯水のように時間を使う佐藤に対して、渡辺は序盤は飛ばして終盤に時間を残すスタイル。その結果、終盤で持ち時間に差がつくことが多かった。例えば第4局、佐藤が最後時間に追われ悪手を指して逆転負けしてしまったが、時間を残していれば正着を指して勝っていたかもしれない。本局もそうで佐藤が最後一分将棋だったのに対し、竜王は43分も残していた。シリーズ全体を通して渡辺竜王の合理的な時間配分が功を奏したと思う。

昨年の秋に王座を失った渡辺竜王だが、これで二冠復帰。だが、一息つく間もなく10日には棋王戦第3局が控えている。二冠と三冠では大違いだと思うので、気を抜かずに頑張ってほしい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/07 23:43 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL