スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第38期棋王戦第3局 渡辺奪取に王手

棋王戦中継plus: *第38期棋王戦五番勝負第3局
棋譜→2013年3月10日 第38期棋王戦五番勝負 第3局 郷田真隆棋王 対 渡辺明竜王
1勝1敗で迎えた第3局。ここで勝ったほうが棋王獲得に王手をかける大一番だ。

戦型は郷田先手で▲7六歩△8四歩▲6八銀の出だしから相矢倉になった。郷田が初手▲7六歩を採用するのは久しぶりだった。
将棋世界4月号の棋王戦観戦記に「昨年5月下旬以降、郷田は先手番で初手▲2六歩から相掛かりを目指している」(p.14)とあったので、本局も相掛かりになると思ったがその予想は外れた。

最近のプロの矢倉は▲4六銀・3七桂が流行っているが、本局は▲1六歩と▲2六歩を先に決める「加藤流」。
▲3三桂成(47手目)に△同金寄と取ったのが渡辺の新構想だった。後手は玉を固めてカウンターを狙う。対して▲4六銀から▲3五歩で先手が先攻するが、後手玉が堅いので攻略するのは容易ではない。

20130310郷田渡辺

▲5二角(65手目)の銀取りに対して、受けずに△9四桂!が凄い手だった。
以下▲2五角成で銀損になるが△8六歩▲9八銀と受けさせて後手が指せる。駒の損得だけでいうと銀得で馬も作った先手が良いはずだが、駒の効率は後手。郷田が局後の感想で嘆いていたように▲9八銀の形がひどく先手が苦労する将棋となった。

▲5九馬に△2四歩(78手目)と突いた手が好手だったようだ。これで先手から攻めるのは難しくなった。
我慢しきれず▲8六歩(91手目)と取ったが、△同桂から一気に寄せられてしまった。

終わってみれば渡辺竜王の圧勝だった。これで棋王奪取まであと1勝。後手番での勝利ということもあり、この1勝は非常に大きいと思う。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/10 23:39 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL