スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

棋王戦第4局 渡辺明三冠達成!

棋王戦中継plus: *第38期棋王戦五番勝負第4局
棋譜→第38期棋王戦五番勝負 第4局 郷田真隆棋王 対 渡辺明竜王

昨日行われた棋王戦第4局。結果から先に書くと渡辺明竜王・王将が郷田真隆棋王を破って3勝1敗で棋王奪取、自身初の三冠を達成した。将棋界での三冠王は升田、大山、中原、米長、谷川、羽生、森内に次いで8人目となる。

渡辺の2勝1敗で迎えた第4局。戦型は渡辺先手で角換わり腰掛け銀になった。今回の五番勝負は、第1局相掛かり、第2局横歩取り、第3局矢倉、そして第4局角換わりと色んな味が楽しめて面白いシリーズだった。

後手は△7三桂を保留する専守防衛型。41手目▲1八香が最近の流行で、以前は▲2五桂△2四銀▲2八角の将棋が多かったが、後手の勝率が良いため先手は避けるようになった。43手目までは1月の朝日杯▲渡辺△郷田戦と同じ将棋だったが、郷田の△9二香でその前例と離れる。
対して先手は長考の末に▲4五歩△同歩▲同銀と仕掛けた。この攻めが繋がるかどうか。

20130324渡辺郷田1
▲5三桂成(51手目)に郷田棋王は2時間24分の長考で△5三同金。先日のA級順位戦渡辺戦での3時間の大長考を思い出した。その将棋は郷田が渡辺の攻めを受け切った名局だったが、本局は渡辺の攻めが切れそうで切れなかった。

20130324渡辺郷田2
局面は進んで終盤。▲3六桂(87手目)に郷田は△7八飛成!と切って勝負に出る。▲同玉に△4五角の王手桂取りが狙いだが、飛車を切ったことで先手玉も寄りがなくなった。感想コメントによると飛車切り以降は後手に有力な変化は見つからなかったようだ。その前の△3六馬(70手目)のタイミングも疑問で先手に一歩余計に渡してしまい形勢を損ねた。

この後、将棋は157手まで続き最後まで熱戦となったが、渡辺竜王が押し切った。途中は郷田さんが受け切れそうに見えた時間もあったが、竜王の攻めが最後まで淀みなかった。

===============
年が明けてから、渡辺竜王は王将棋王のダブル挑戦で過密日程の中戦ってきた。この3ケ月で20局以上の対局をこなした。タイトル戦の場合、これに加えて移動日、前夜祭もある。対局過多による疲労が心配された。

2月上旬は特に多忙だった。1日にA級順位戦羽生戦、3日に棋王戦第1局郷田戦(長野)、6日に王位リーグ佐藤康戦、9日に朝日杯準決勝・決勝、11日に棋聖戦行方戦、13日に王将戦第3局(岩手)、と休む暇もなかった。そしてこの間、羽生、郷田、佐藤に3連敗を喫した。この時は正直「三冠獲るのは厳しいだろうな」と思った。しかし、竜王はこの程度で挫ける男ではなかった。3連敗で迎えた朝日杯では見事優勝。その勢いで王将を奪取し、NHK杯でも優勝した。そして今回三冠達成。改めて渡辺竜王の精神力の強さ(本人は精神論を否定するが)を感じた3ケ月間だった。

これで将棋界のタイトル保持者は森内名人、羽生三冠、渡辺三冠の3人となった。次は羽生vs渡辺、三冠同士の直接対決が見たい。渡辺さんには棋聖戦、王座戦で挑戦者になれるよう頑張ってほしい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/25 07:30 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL