スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

渡辺竜王が棋聖挑戦(三冠対決!)

昨日は渡辺明竜王vs郷田真隆九段の棋聖戦挑戦者決定戦がありました。

棋聖戦中継 plus: *第84期棋聖戦挑戦者決定戦
棋譜→第84期棋聖戦挑戦者決定戦 渡辺明竜王 対 郷田真隆九段

戦型は渡辺先手で角換わり腰掛け銀だった。41手目▲1八香までは3月の棋王戦第4局(▲渡辺△郷田)と同じ。棋王戦では△4三金直だったが、郷田九段は△3五歩▲同歩△2四銀と仕掛けた。部分的にはある仕掛けだが、この局面では新手らしい。
20130426渡辺郷田1

後手は銀を4三に引いて馬を作らせて、その代わりに8筋、9筋で先攻するという構想。
後手玉の堅さを生かして攻め続けるが、やや細かったようだ。中盤から終盤にかけて先手優勢の局面が続く。

それでも、郷田九段は巧みに手をつないで先手玉に迫る。△7六銀(108手目)と打たれたところはかなり際どくなっている。先手も一手間違えると奈落の底だ。
だが、ここで一時間近く残しているのが大きかった。渡辺竜王はしっかりと時間を使って勝ちを読みきった。

20130426渡辺郷田2
123手目の▲8二飛が決め手だった。△4一歩に▲1二桂成△同玉▲2四香が厳しい。135手の激戦を制して渡辺竜王が挑戦権を獲得した。

感想コメントを読むと後手に明確な敗着もなかったようなので、仕掛けそのものが無理だったのかもしれない。

===============
これで、五番勝負は羽生棋聖・王位・王座と渡辺竜王・棋王・王将の三冠対決となった。三冠同士のタイトル戦は将棋史上初めてのこと。(そもそも三冠が2人いるのが史上初)これでもし羽生さんが名人を奪取すれば四冠対三冠の頂上決戦となる。

今年に入ってからの渡辺竜王は手がつけられない強さだが、今の彼を止めるとしたら羽生三冠(と9時間制の森内名人)ぐらいかもしれない。

過去の対戦成績では渡辺三冠が25勝22敗と若干リードしているが、1日制・4時間での実績を考えると羽生三冠のほうに分があるのかなと思う。勝敗予想は非常に難しいですね。渡辺三冠の勢いを買うか、羽生三冠の1日制との相性を重視するか。

どちらが勝っても昨年の王座戦のような名勝負となることを期待します。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/27 08:00 ] 棋聖戦 | TB(0) | CM(2)
竜王、恐るべし。
昨年来の渡辺竜王の強さは鬼レベルですね。最近の将棋界の構図は渡辺竜王vs羽生世代となっている気がします。

羽生三冠も森内名人と渡辺竜王相手には『無理攻め』な印象で負かされてる気がするので、羽生ファンとしては熱戦の末、棋聖防衛を果たしてほしいのですが…。
[ 2013/04/27 08:14 ] [ 編集 ]
Re: 竜王、恐るべし。
仰るとおり、羽生世代に対して若手では竜王が孤軍奮闘してる状況ですね。

今期の名人戦では羽生三冠がちょっと精彩を欠いている印象がありますが、棋聖戦では羽生さんらしい将棋が見たいですね。

> 昨年来の渡辺竜王の強さは鬼レベルですね。最近の将棋界の構図は渡辺竜王vs羽生世代となっている気がします。
>
> 羽生三冠も森内名人と渡辺竜王相手には『無理攻め』な印象で負かされてる気がするので、羽生ファンとしては熱戦の末、棋聖防衛を果たしてほしいのですが…。
[ 2013/04/27 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL