スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイナビ女子オープン第3局 里見女流五冠達成

マイナビ女子オープン中継ブログ
棋譜→2013年5月1日 第6期マイナビ女子オープン五番勝負 第3局 上田初美女王 対 里見香奈女流四冠

里見四冠の2連勝で迎えた第3局。戦型は後手上田女王の四間飛車穴熊だった。対して先手の里見女流四冠は左美濃→銀冠。最近の里見さんは居飛車を指すことが多くなった。
名局賞特別賞を受賞した女流名人戦第5局もこの戦型で、大熱戦の末に里見さんが勝っている。

40手目過ぎまではよくある将棋。先手は8筋の位を取り、後手は6筋から反撃する。
20130501里見上田1
▲7七桂(47手目)は強気な一手で、△8四歩▲同歩△8五歩と8筋から逆襲される手が気になる。立会いの久保九段も△8四歩を指摘していたが、上田は見送ってじっくりした戦いに持ち込む。

中盤、後手が△5五歩から動いていったが、居飛車が上手く対応して先手ペースとなった。
△3三銀(72手目)の辛抱に対して先手はシンプルに馬を作る。この馬を▲2三馬~4五馬(95手目)と引き付けて先手が優勢になった。

後手は△7五桂(96手目)~△8六桂と打って迫るが、先手玉が広く捕まらない。最後は里見が着実な寄せで後手玉を仕留めた。

===============
これで里見さんが3連勝で女王を奪取。史上初の女流五冠達成となった。夜7時と9時のNHKニュースでも取り上げられていて、世間的にも大きな話題だったようだ。

残るは加藤桃子(奨励会1級)が保持する女流王座のみとなった。前期の挑決で本田小百合に勝っていれば今頃全冠制覇していたかもしれない。今期の女流王座戦はこれから始まるが、挑戦者争いの本命であることは間違いない。

あとは奨励会。今年の1月末から2月にかけて二段昇段の目があったのだが連敗してチャンスを逃してしまった。通算では勝ち越しているのだがあと一歩届かない。
個人的には全冠制覇よりも奨励会に専念させてあげたい気持ちもある。
早く三段リーグに参加できるように頑張ってほしい。

里見香奈、史上初の女流五冠に!(日本将棋連盟)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/01 22:24 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL