スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第23回世界コンピュータ将棋選手権 Bonanzaが劇的な逆転優勝

第23回世界コンピュータ将棋選手権 ライブ中継

世界コンピュータ将棋選手権決勝は劇的な幕切れとなりました。

決勝 7回戦 ▲Bonanza(4勝2敗) - △GPS将棋(5勝1敗)
棋譜→http://live.computer-shogi.org/wcsc23/kifu/WCSC23_F7_BON_GPS.html
6回戦終了時点で1敗で単独トップのGPS将棋と2敗のBonanzaの対戦。GPSは勝てば文句なしの優勝だが、負けると優勝の目はない。一方Bonanzaは勝てば条件次第で優勝の可能性がある。

戦型は相矢倉の▲4六銀・3七桂だった。先手が中央から戦いを起こすところまでは良かったが、馬を作られて少し苦しくなる。そこでBonanzaは穴熊に組み替えるが、玉頭から攻められて劣勢に。

そこから先手は粘ったが徐々に差を広げられ、後手GPS勝勢で最終盤を迎える。

図は△7七香に▲3四角(181手目)と出たところ。ここで△7八銀と打てば先手玉は必至(後手玉は詰まない)なので後手勝ち。
20130506bonaGPS1.png

人間なら長い詰みより短い必至を選ぶところだが、GPSは△9八歩▲同玉△8七角不成!▲同玉△7五桂から詰ましにいく。実際、194手目△7八銀に代えて△7六銀なら詰んでいた。しかし本譜は△7八銀▲同角で詰まない。
20130506bonaGPS3.png

△7五金(196手目)は予定変更。だが、ボナンザも▲2二銀から駒を渡したため再び先手玉に詰みが生じる。ところが、GPSは詰ましきれずまさかの時間切れ負け。

GPSは800台で大規模クラスタを組んだことが裏目に出る結果となってしまった。こういうリスクを承知の上で大規模クラスタを組んでいるので仕方ないか。

この結果、5勝2敗でBonanza、ponanza、GPS将棋の3チームが並んだが、SB(勝った相手の勝数の合計)の差でBonanza優勝となった。もし最終戦でYSSが習甦に敗れていれば、ponanzaの初優勝だった。。

最終結果は以下の通り
【5勝2敗】Bonanza(優勝)、ponanza、GPS将棋
【4勝3敗】激指
【3勝4敗】NineDayFever、ツツカナ
【2勝5敗】習甦
【1勝6敗】YSS

Bonanzaは7年ぶり2度目の優勝。コンピュータ将棋にブレイクスルーをもたらしたBonanzaだったが、近年はボナンザチルドレンの活躍が目立ち前回は二次予選敗退。今回は久々に本家の面目を保つ結果となった。

前回優勝のGPS将棋は前評判通りの強さだったが、最後の最後で残念な結果に。やはり「あの(三浦に勝った)GPSが3位」という反応が多かったが、優勝した前回も通算で3敗しているのでこういう結果もあるとは思っていた。

二次予選までは強いソフトと弱いソフトがはっきり分かれていたが、決勝進出の8チームはどれも強く素人目には差が分からなかった。優勝したBonanzaは2勝5敗の習甦に敗れているし、新参のNineDayFeverは激指、ponanzaを破る大活躍だった。全体のレベルが上がっているので、来年以降も大混戦となるでしょうね。

コンピューター将棋 世界一を競う NHKニュース
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/06 07:00 ] コンピュータ将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL