スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第71期名人戦第3局 羽生三冠快勝

この2人は共に先手番での勝率が高いことで知られている。どちらが先に後手番を取るかが七番勝負の見どころだったが、第1局森内名人が後手番をブレイクし、その勢いで第2局の先手番も勝って連勝スタートに成功した。羽生三冠は今回の先手番を落とすと厳しい状況に追い込まれてしまう。

戦型は森内の2手目△8四歩から角換わり腰掛け銀。41手目▲1八香が最近の流行だ。

50手目▲3七角の局面は前例がいくつかあって、有名なのは1月18日の朝日杯▲村山△渡辺戦と同日の▲渡辺△郷田戦がある。
渡辺明竜王 対 村山慈明六段→棋譜 
渡辺明竜王 対 郷田真隆棋王→棋譜

渡辺郷田戦は△9二飛とかわしたが先手勝ち。村山渡辺戦は△6二飛以下▲3五歩の村山新手で先手優勢になったが村山が間違えて渡辺の逆転勝ち。本譜は△6二飛だった。前例で渡辺竜王は▲3五歩(55手目)に△同歩と取ったが、後手が苦しくなったので△1七角は修正案。

20130510羽生森内1
馬を作って入玉含みで受け切るというのが後手の構想だったが、結果的にこの馬は働かずに終わってしまった。

封じ手の直前は後手が手厚そうにも見えたが、▲1三香成(65手目)から先手の攻めが続いた。▲1四同飛に森内名人は長考の末△1一香(70手目)。解説の渡辺竜王曰くひねった受け方だが、この受けでも先手の攻めは途切れなかった。

91手で羽生三冠の圧勝。2日目はどう指しても後手が苦しそうな感じだったので、敗着は1日目まで遡るのだろう。今後この形は出てこないかもしれない。

羽生三冠はこれが今期初勝利。今週発売の某週刊誌に書かれていた不調説を払拭する完璧な内容だった。依然として森内名人有利な状況だが、次も勝てば流れは変わると思う。渡辺竜王が言っていたように第4局が両者にとって大事な一局となるだろう。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/11 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(1)
面白くなってきました。
今期3連敗しただけで不調説とは大物の証拠ですね。しかも敗けたのはこの7番勝負に心血を注ぐ森内名人と天才•佐藤康光ですから…。

この一番で羽生三冠が敗ければ、森内名人の防衛にかなり現実味が増す状況だったので、羽生三冠にとって、ここで踏ん張れたことは大きいですね。


次回、後手番で羽生三冠にとってツライ戦いになりそうですが、何とか勝ってタイに持ち込んでほしいところです。
[ 2013/05/12 08:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL