スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ponanza in 将棋倶楽部24最終回(通算92勝5敗で終了)

昨日は「ponanza in 将棋倶楽部24」の最終回ということで渡辺竜王邸からの中継でした。


※プレミアム会員の方は「将棋中継コミュニティ」の生放送履歴一覧からタイムシフト視聴可能です。

放送開始は20時でしたが、ゲストの渡辺竜王とBonanza保木さんは22時ごろからの登場でした。竜王邸なのに竜王がいないというのも変な感じですが、色々用事があったんでしょう。出てくれるだけでも有難いです。

将棋の内容は5局戦ってponanzaの4勝1敗でした。5月6日からの通算だと92勝5敗ですね。

5局目はソフトの欠点が出た将棋で、ponanzaが▲3三角成から無理攻めをやってしまって人間が優勢になりました。
20130517pona1.png

ponanzaは最初自分のほうが良いと判断していたようですが、徐々に評価値がマイナスになって最後は大駒全部取られて全駒状態に。後手の入玉が確定したところでponanzaの投了となりました。

渡辺竜王は終始先手不利と解説していたのですが、その通りに評価値が覆っていくのが面白かったです。竜王の大局観と読みが上回っていて流石だなと思いました。ケーキもぐもぐ食べながら眠そうな感じでしたが(笑)、読みは鋭かったですね。最後は「人間は強かった」で終わって良かったんじゃないでしょうか。

この将棋も含めて5敗中3敗が入玉絡み。ソフトは入玉に弱いということが再確認されました。あとは定跡で不利とされる変化(例:2八歩打たずに4五角で負けた将棋)に飛び込んでしまうことがあるのが課題でしょうか。

番組内では竜王と保木さんへの質問コーナーもありました。
渡辺竜王は自宅では盤駒を使わずにパソコンで研究するそうです。その理由は棋譜を動かす時に将棋盤でやると30手前とかだと戻らない時があって、歩の枚数を間違えたりするからだと。「プロでも戻らないことがあるのか」と視聴者からコメントで突っ込まれてましたね(笑)
但し、データベースとして使うだけで将棋ソフトを使っての研究はやらないそうです。形勢判断が人間と違うので使いにくいとのことでした。

最後の「楽しめましたか?」のアンケートは97%が「はい」と回答。ニコ生の人気生放送ランキング(一般)でも1位を獲得したそうです。一般枠でやるのがもったいないくらいの良い番組でした。
mtmtさん、一成さん、竜王、そして保木さんお疲れ様でした。

またこういう企画をやってほしいですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/18 08:07 ] コンピュータ将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL