スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

塚田泰明九段の自戦記(新潮45)を読んだ

18日発売の『新潮45 2013年6月号』に電王戦第4局を戦った塚田泰明九段の手記「われコンピュータ将棋と引き分けたり」が載っています。タイトルは故・米長永世棋聖の「われ敗れたり」をもじったもの。62ページから9ページにわたって掲載されています。

新潮45 2013年 06月号 [雑誌]新潮45 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/18)
不明

商品詳細を見る


詳しくは本誌を手に取って読んでいただくことにして、気になった部分を抜き出しておきます。

・電王戦の応募者は十数名いたそうだが非公開。佐藤慎一四段は前会長の御指名。三浦八段は「A級の参加者が1人欲しい」というドワンゴの要請。純粋に公募で決まったのは阿部光瑠と塚田の2人。

・ツツカナの開発者は△7四歩という普通では珍しい手をあらかじめ入力しておくことにより、ソフトの弱点が出ないよう手を加えていました。それは「人工知能」だけの戦いではないので妙な話です。(中略)ちょっと人力を加えることで隙が減るのは不公平で、ルール上認めてしまったのは失敗でした。

・(第4局の内容について)端に垂れ歩をしたら、なぜか飛車を引いてくれたので入玉を目指す方針に転換した。飯田さん(弘之六段)から教わった作戦「入玉を狙え」に従い、確信を持って手順を進めた。

・対局を観戦していた妻(高群女流)からは「指さして駒を数えるのはみっともない」と指摘された

・終わった後にさまざまな議論があったが、びっくりしたのは「勝てた」という意見があったこと

・第3回は最新版に近いソフトを提供してもらうこと、序盤に開発者の意志を加えないことをルール化すべき

※注:「塚田九段は勝てた」という意見はネット上でもいくつか見かけましたが、参考までにApery開発者の平岡さんのブログを載せておきます。
電王戦第四局 塚田泰明九段 対 Puella α - buoyance

==========
一番気になったのは、序盤に開発者の意志(例:ツツカナの△7四歩)を加えるのはおかしいという意見。

私は別に不公平だとは思わなかったです。ツツカナの場合、開発者の一丸さんが事前にソフトを貸し出してたので。
それに、序盤の駆け引きがあったほうが「人間対人間」の戦いという感じがしてむしろ面白かったですね。でも、対局者の立場だとそれは不公平だと思うのも分からなくはない。どこまで開発者の意志を入れていいのか、難しい問題ですね。

現代ビジネスの観戦記(後編)で塚田九段は「第3回があるなら、その運営委員に立候補したい」と語っていました。前回はルールが曖昧な部分があったので、もし第3回やるのであれば開発者ときちんと議論してほしいと思います。

「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実 【前編】対局3日前、「棋界の武蔵」三浦八段が漏らした本音 文/山岸浩史
「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実 【後編】一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか 文/山岸浩史

↑現代ビジネスの山岸さんの観戦記は非常に読み応えがあって面白かったです。未だ読んでない方は是非。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/20 21:28 ] 電王戦 | TB(0) | CM(5)
コンピュータ将棋における事前指定
全局面に対する応手を指定した辞書的なプログラムも将棋プログラムだと言えるし、現実にいまの将棋プログラムも入玉の判定などはアルゴリズムというよりは決め打ちで指定している面があるとき聞きます。
「事前に(人間によって)プログラムされた方針に従って指す」という点では、74歩の指定も、人間による事前のプログラムのひとつにすぎないと思います。
ただ、あからの時にあったように、対戦相手が決まってから「相手の棋士に応じて(人間が)アルゴリズムを変える」というのは、なんとなく腑に落ちない気はします。いっぽうで、「相手が決まってから、相手棋士の棋譜データベースに従って最善の戦法を自動で決定する(その結果、無策で臨むより勝率が上がる)」というのは、人間味あふれるコンピュータ将棋の未来としてはおもしろいと思います。
[ 2013/05/20 23:21 ] [ 編集 ]
Re: コンピュータ将棋における事前指定
コメントありがとうございます。勉強になります。
> 全局面に対する応手を指定した辞書的なプログラムも将棋プログラムだと言えるし、現実にいまの将棋プログラムも入玉の判定などはアルゴリズムというよりは決め打ちで指定している面があるとき聞きます。
> 「事前に(人間によって)プログラムされた方針に従って指す」という点では、74歩の指定も、人間による事前のプログラムのひとつにすぎないと思います。

確かに、おっしゃる通りですね。

コンピュータが対戦相手の得意・不得意に応じて作戦を自動決定できるようになれば面白いと私も思います。
[ 2013/05/21 19:58 ] [ 編集 ]
所詮プログラム
人工知能という言葉に夢を見過ぎてます.所詮プログラムに過ぎず,
決して独立した人格を持っているわけではありません.一から十まで
プログラマが書いたとおりに動いているのです.バグも含めて.
ですから,事前にプログラムに手を入れるのは,それが特定の相手にのみ有効か
一般的に有効かの違いはあれ,プログラムの改良の一つでしかなく,
一律に禁止するのには無理があります.繰り返しになりますが,決して
コンピュータが勝手に(自律的に)手を決めているわけではないのです.
[ 2013/05/21 23:44 ] [ 編集 ]
レギュレーションは
対局中に人間が思考に介入するのを禁じるだけで十分でしょうね。
事前の味付けを禁じるというのはおかしな話です。

改善すべきは、持将棋成立時に開発者に判断を求めた事でしょう。
コンピュータが対局中に自律的に思考し決定していないわけですから。
[ 2013/05/22 09:24 ] [ 編集 ]
コメントしてくださった方々ありがとうございました。

皆さんがおっしゃる通り、事前指定まで禁止するのは無理筋だと私も思います。
[ 2013/05/23 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL