スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名人戦第5局 森内名人圧勝で3連覇

名人戦第5局は森内俊之名人が羽生善治三冠を破り4勝1敗で防衛を果たしました。

この将棋は森内名人の新手△3七銀(ponanza新手?)の成否に注目が集まりましたが、1日目で差がついていたようです。1日目の感想では、羽生さんなら何か上手い攻めを見つけるのではないかと願望込みで書きましたが、何もなかったですね・・・

20130531羽生森内1
注目の封じ手は▲3六銀でした。この手はかなり意外でしたが、ここで引くようでは先手苦戦という感じがします。やはり後手の6五の拠点が大きく△6六桂で金一枚剥がされてしまいます。

20130531羽生森内2
7八金を剥がしてから△8六歩▲同歩△8五歩の継ぎ歩が厳しかったです。羽生三冠は▲8八歩と辛抱しますが、こうなると先手が勝つイメージが湧かないですね。

最後は8七に角をぶち込む手が決め手となって森内名人の勝ちとなりました。

局後の感想によると羽生三冠は新手△3七銀に意表を突かれたとのこと。前例は△1四銀、△2四銀と端を受けていました。それをあえて端を受けずに銀を打つのが盲点になりやすかったようです。

△3七銀に対して飛車を5八に逃げたのが良くなかったと思います。昨日の記事で紹介した将棋倶楽部24のLycaon Pictus氏とponanzaの将棋のように▲3九飛△2八銀成▲1五香だったらどうだったかは気になるところ。また、飛車を逃げずに単に▲1五香と走る手もあって今後の研究課題でしょう。(感想戦では後手指せるとされたようですが)

==========
今回の名人戦は森内名人の強さが目立ったシリーズでした。勝った将棋はいずれも完璧で、名人にふさわしい内容でした。やはり持ち時間9時間だと安定感がありますね。

その一方で羽生三冠は少し精彩を欠いていたと思います。1勝4敗という結果は予想外でした。

1日目で差がついてしまう将棋が多かったのはちょっと残念でした。正直盛り上がりに欠けた感は否めません。ただ、ワンサイドゲームになってしまうのはこの2人が強いからというのもあると思います。2人とも終盤で間違えないので序中盤でポイントを挙げたほうがそのまま勝ち切るというパターンが多いです。特に森内名人は一点差を守り切るのが得意なタイプ。お互いミスし合って二転三転、劇的な逆転サヨナラみたいな将棋にはなりにくいんですよね。

羽生三冠は休む間もなく来週から棋聖戦五番勝負が始まります。気持ちを切り替えて棋聖戦と王位戦では羽生さんらしい将棋を見せてほしいですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/31 23:43 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL