スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯 行方尚史vs先崎学

A級復帰、王位挑戦を決めて絶好調の行方尚史八段と先崎学八段の対戦。解説が羽生善治三冠ということで楽しみにしていた人も多かったでしょう。

行方さんと先崎さんといえば、10年以上前の「灰皿事件」を思い出します。

夏の終わりの頃のこと。タイトル戦が終わり、みんなが酒を飲んだりして遊んでいる席で、ちょっとした事が起こった。

酔った行方五段が「ひどいヘボをやった。先崎レベルの将棋になってしまった」とボヤいた。大きな将棋に負けたのを悔やんでいたのだろう。聞いた話なのでこの通りだったかどうかは知らない。とにかく先崎六段がカチンとくることを言った。

それを聞きつけた先崎君は「もう一度言ってみろ!言ったら灰皿を投げるぞ」とやり返した。すると行方君は、「先崎レベルの将棋になってしまった」。しらっとくり返した。灰皿が飛んだことは言うまでもない。

将棋世界1998年1月号、河口俊彦七段「新・対局日誌」より


その2、3ヵ月後に行方先崎戦があって、その打ち上げで2人は仲直りしたそうです(笑)今では懐かしい笑い話かもしれません。

さて、将棋は行方先手で角換わり腰掛け銀になりました。先手が4筋の位を取り、後手も6筋の位を取ります。後手の6筋位取りはよく見かけますが、先後共に位を取るのは珍しいと思います。

△3五歩に対し▲4七金は積極的な一手。先手が3筋から動いて戦いが始まりました。

20130603先崎行方1
61手目▲3七飛はひねった感じの手。飛車を逃げずに▲3三歩成△同金▲5八歩が予想された手ですが行方さんは自信がなかったのかもしれません。しかし、△5六馬と銀を取られて後手は次に△6六歩と突く味が良い。先手が忙しい局面になりました。

20130603先崎行方2
▲3五飛と走った手に対し△3二歩(70手目)が受けの好手。局後行方さんはこの△3二歩をうっかりしたと言っていました。次に2三の銀を取られると先手は終了です。しかしここで▲7一角!がありました。△7二飛で角の行き場がないようですが、▲3三飛成△同歩▲3二歩△4一玉▲6二金で先手の攻めが繋がりました。

以下、熱戦が続きましたが行方八段が後手玉を着実に寄せて勝ちました。最後の詰みは鮮やかでしたね。
途中、△5六馬のあたりは後手が良くなったようにも見えましたが、▲7一角からの攻めが鋭かったです。行方さんの最近の勢いがそのまま出たような将棋でした。羽生三冠との王位戦も楽しみです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/06/03 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL