スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

将棋世界2013年7月号の感想

将棋世界 2013年 07月号 [雑誌]将棋世界 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/06/03)
不明

商品詳細を見る


表紙は羽生三冠ですが、背表紙には「里見香奈、史上初の五冠」とあり、巻頭では里見女流五冠達成特集が組まれています。写真で見る五冠獲得の軌跡ということで、14歳レディースオープンに挑戦したときのセーラー服姿、清水さんに負けて涙を流した写真、など懐かしの写真が沢山載っています。さらに、里見五冠へのインタビューもあります。里見ファンは必見ですね。

続いて、羽生善治三冠と為末大さん(元・陸上選手)の「ガムでリフレッシュ対談」。2ケ月ぐらい前に為末さんがツイッターで羽生さんとの対談の話を呟いてましたがこれだったんですね。
為末大さん@daijapanの「【羽生さんのものさし】について 人間は経験を蓄積する事でものさしを作るんだと思う。」 - Togetter
このtogetterも対談と合わせて読むと面白いかも。

巻頭カラーの観戦記は羽生三冠が快勝した名人戦第3局(島朗九段)。名人戦も終わっちゃったので今更という感じですが、面白かったです。島先生の小説風の観戦記は好き嫌い分かれると思いますが、私は好きですね。

そして今月号の目玉は「船江恒平・佐藤慎一が語る電王戦」でしょう。電王戦出場が決まった経緯、本番までの研究・準備、そして実戦の解説をインタビュー形式で語っています。電王戦については様々な媒体で観戦記が書かれましたが、対局者本人がどういうことを考えていたかがよく分からなかったんですよね。そういう意味で非常に興味深かったです。

欲を言えば他の3人の解説も読みたかったんですが、電王戦単行本を待てということでしょうか。ちなみに、塚田さんは「新潮45 6月号」に自戦記を書いてましたね(詳しくはコチラ→http://showg99.blog5.fc2.com/blog-entry-550.html)。
サトシンブログによれば第2回電王戦についての書籍が出るそうなのでそれに期待します。

続いて、第23回世界コンピュータ将棋選手権のレポートと昨年7月に亡くなられた「森田将棋」の森田和郎さんの追悼座談会(CSAの瀧澤会長、小谷善行さん、柿木義一さん)が掲載されています。森田さんが57歳という若さで亡くなっていたのは驚きました。ご冥福をお祈りします。

新連載として河口俊彦七段の「評伝―木村義雄」が始まりました。河口老師曰く木村名人のことを語った文章がないので書いてみようと思ったとのこと。第1回は「木村名人の思い出」ということで木村名人が引退した後の思い出話を書いています。

「突き抜ける!現代将棋」第46回は「入玉をめぐる冒険」これは良記事でした。今月号の中ではこの記事が一番面白かったです。中原、米長の入玉術に始まり、入玉将棋の格言、渡辺三冠へのインタビュー、そして今話題のコンピュータ将棋と入玉まで詳しく解説しています。入玉の技術を解説したものはほとんど読んだことがなかったので勉強になりました。

恒例の順位戦予想もあります。例年、棋士2人(去年は片上&戸辺)が対談形式で予想することが多いですが、今年は編集部の予想ですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/06/04 07:30 ] 将棋世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL