スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

将棋は逆転のゲーム NHK杯北浜健介vs木村一基

2013年06月09日第63回NHK杯1回戦第10局(NHKの公式サイト、月曜の昼以降に更新される)

北浜健介八段(係長)と千駄ヶ谷の受け師・木村一基八段の対戦。過去の対戦成績は北浜1勝、木村11勝と木村が大きくリードしている。2人は順位戦、竜王戦のクラスが近いのでこれだけ差がついているのは意外だ。

戦型は北浜先手で横歩取りの出だしから飛車を引いて相掛かり。▲2六飛型の相腰掛け銀になった。銀交換になってから先手は3筋と1筋を突き捨てて▲1二銀。棋風通り北浜が攻め、木村が受ける展開になった。
20130609北浜木村1
△8四飛(54手目)と浮く手が味良く見えたが、▲2二金とベタッと貼って△3一銀には▲2三歩で先手の攻めが切れない。さすがの木村八段でも受け切るのが難しくなった。

20130609北浜木村2
そして88手目の局面、後手玉には即詰みが生じていた。▲3三桂成に△同銀は▲1二銀△2四玉▲2二竜以下。また▲3三桂成に△1四玉は▲1五香△同玉▲1六銀△同玉▲1七金以下詰んでいる。しかし、北浜は秒に追われたような手付きで▲4八金打と受けてしまう。

それでもまだ先手が良かったのだが、木村の粘りで形勢は混沌としてきた。後手は△2四玉(94手目)から入玉を目指し、一目散に逃げて1九の地点まで到達する。だが、飛車を取られ玉の周りには守りがない。一手間違えると捕まってしまう可能性もある。

20130609北浜木村3
この後1九の玉を巡る攻防が続いたが、△3六銀と派手なタダ捨てが飛び出して木村が逆転に成功した。最後は先手玉を即詰みに討ち取って木村八段の勝ちとなった。

途中までは北浜八段の快勝譜となるはずだったが、まさかの逆転負け。対戦成績1勝11敗という相性の悪さも影響したのかもしれない。解説の屋敷九段は「将棋は根性が大事」とまとめていたが、確かにこれは根性、執念としか言いようがない。

「将棋は逆転のゲーム」という言葉を改めて実感した一局だった。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/06/10 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL