スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯 村山慈明vs阿部光瑠

電王戦で一躍有名になった阿部光瑠四段と若手実力者の村山慈明六段の対戦。村山さんは序盤研究に精通している居飛車党。対して光瑠君はどちらかといえば実戦重視で強くなった棋士で両者タイプは異なる。

戦型は後手の阿部四段が角道を止めてノーマル四間飛車。光瑠くんは基本居飛車党だが、たまに飛車を振ることがある。対して先手は居飛車穴熊を選んだ。

もう少し駒組みが続くかと思ったが△5二飛~△5五歩で戦いが始まった。
5筋で飛車交換になった。先手としては後手の角が7九に利いているのが気になるが、▲6八角と引く手がピッタリ。以下角を交換して▲2七角と両取りをかけたところは先手良しだと思う。

20130630村山阿部光2
だが、先手が歩切れということもあって実際は難しかった。▲6九桂(87手目)では解説の中村六段推奨の▲7七桂打のほうが良かったか?本譜は△5九竜と6八の金に当てる手があった。そこから飛車角を切って△7九銀と食らいついた局面は逆転模様になっている。

二度目の△7九銀で先手玉は二手スキ。あとは後手玉に詰めろが続くかどうかだが、▲5二成香(115手目)で詰めろが途切れた。
20130630村山阿部光3
対して△5七角が攻防の詰めろで形勢ははっきり逆転。このまま先手玉に詰めろが続けば後手勝ちだが・・・

20130630村山阿部光4
△9四歩(124手目)と桂馬を取った手が痛恨の敗着。この手は詰めろになっていなかった。△8八銀不成▲同玉△7八金▲同玉△6六桂・・・以下王手は続くが先手玉は詰まず阿部四段の投了となった。

戻って△9四歩では中村太地六段指摘の△6七金(詰めろ)で先手玉は受けがなく後手勝ちだったようだ。

中盤までは居飛穴ペースだと思ったが、光瑠四段の追い上げが見事だった。それだけに最後もったいなかった。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/01 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL