スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第26期竜王戦決勝トーナメント 羽生善治vs小林裕士

竜王戦中継plus: *第26期竜王戦決勝トーナメント
棋譜→第26期竜王戦決勝トーナメント 羽生善治三冠 対 小林裕士七段

第26期竜王戦の決勝トーナメントが開幕しました。開幕戦は羽生善治三冠(1組3位)と小林裕士七段(2組優勝)の対戦。このカードはトーナメントの準々決勝で、勝者はベスト4に進出します。準々決勝が開幕カードというのも変な感じがしますが、棋聖戦と王位戦を控える羽生三冠のスケジュールに配慮したものでしょう。

振り駒の結果羽生三冠が先手に。戦型は横歩取りでした。先手の作戦は▲3四飛型のまま▲3六歩を突く「青野流」。最近流行っている形ですね。

対して後手も△7六飛と横歩を取ります。△2六歩と垂らすところまでは定跡。そこで▲2八歩と受けた前例は後手が勝っている。▲3七桂も後手が全勝。本譜の▲3八銀は最近になって有力視されている手のようですね。以下飛車交換になって激しい斬り合いになりました。

20130702羽生小林1
飛車交換して先手はじっと▲2四歩。対して後手からは角を交換して△2八飛~△2七角の攻めがありますが、▲3九飛で受かっています。▲2九香で後手の飛車が捕まり徐々に攻めが細くなっていきました。

▲4五桂で馬の利きをずらしてから、▲6五桂(59手目)が攻防の決め手でした。先手玉が広く寄らなくなりました。
20130702羽生小林2

77手で羽生三冠の快勝。序盤の▲3八銀~▲2四歩はこの形の定跡となるかもしれません。

挑戦者争いは羽生世代(佐藤九段、森内名人、羽生三冠、郷田九段)の1組勢が有力だと思います。あとは山崎七段、豊島七段ら若い人達がどこまで活躍できるか。個人的には豊島七段の初挑戦が見たいですね。挑戦者になるには永世名人3人を倒さなければならないですが、頑張ってほしいです。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/03 07:30 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL