スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日から王位戦七番勝負開幕

王位戦中継Blog
羽生善治王位に行方尚史八段が挑戦する第54期王位戦が今日から開幕します。

挑戦者の行方八段はプロ20年目にしてタイトル初挑戦。昨年度は勝率7割超えの好成績で順位戦でA級に復帰する活躍を見せました。今期もここまで勝率9割と絶好調です。

対して羽生王位は名人戦では敗れましたが、棋聖戦では2勝1敗とリードしいつも通りの強さを見せ付けています。例年、春の名人戦が駄目でも夏の棋聖戦、王位戦になると調子を上げてくるのが羽生さんの凄いところ。棋聖戦と同時並行なので日程は詰まっていますが、忙しいのは毎年のことなので関係ないでしょう。

勝敗予想ですが、やはり羽生さんのほうに分があると思います。行方さんも勢いはあるけれども、最終的には羽生王位が経験、勝負強さで上回るのではないでしょうか。羽生さんの不安材料を挙げるとすれば「二日制がやや苦手」でしょうか。王位戦は通算14期獲得していて相性が良いほうだと思いますが、他の二日制(名人戦、竜王戦)では苦戦が続いています。一方、行方さんは長考派なので二日制8時間には向いてそう。

過去の対戦成績は羽生5勝、行方1勝。意外と対戦が少ないです。この数字だけでは相性がどうかは分かりません。行方さんは終盤型の粘っこい棋風でタイプ的には羽生さんと似てると思うんですよね。その辺がどう影響するか。

戦型予想は、どちらも居飛車党なので相居飛車シリーズになるでしょう。行方八段が後手のときは△8四歩から追随することが多いので矢倉か角換わり。羽生王位が後手番のときは横歩取りか矢倉角換わり。もしかしたら羽生さんの振り飛車も一局ぐらいあるかもしれません。

この2人は対戦が少ないのでどうなるか分からない面白さがありますね。どちらも粘り強い棋風なので長手数の熱戦を期待します。

第54期王位戦七番勝負開幕事前特集|王位戦中継サイト
↑木村一基八段と広瀬章人七段が七番勝負の展望を占っています。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/10 07:30 ] 王位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL