スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第84期棋聖戦第4局 羽生棋聖6連覇

棋聖戦中継 plus: *第84期棋聖戦五番勝負第4局
棋譜→2013年7月17日 第84期棋聖戦五番勝負 第4局 羽生善治棋聖 対 渡辺明竜王

渡辺竜王が1勝返して迎えた第4局。
戦型は渡辺先手で横歩取りだった。第2局は後手の羽生棋聖が相横歩取りを採用したが本譜はオーソドックスな△3三角だった。後手は△8四飛+△5二玉型の中原囲いに組む。

△9四歩(24手目)から端の位を取るのが後手の構想。このタイミングで端の位を取るのは早いと思う。24手目の局面前例は1局しかないようだ。さらに1筋の位も取って「鶴翼の陣」が完成した。
20130717渡辺羽生1
▲3六銀(43手目)に対して羽生三冠は1筋から動いていった。△1七歩に▲2七金も指摘されていたが、竜王は素直に▲同香△1九角から馬を作らせる順を選ぶ。

馬を作らせても歩得で手番を握ってるというのが先手の主張だったのだろうが、やはり馬の存在は大きく先手陣は金銀分裂でまとめにくくなっている。

20130717渡辺羽生2
△5四飛(60手目)と回られた局面は次に△8八馬~△3八銀がある。これは先手きつそうに見えたが、局後の感想によるとここで▲7七銀と上がる勝負手があったそうだ。しかし、これも素人目には怖い。
本譜は▲2八飛と引いて受けたが、これにも△6五馬以下後手の攻めが続いた。

先手玉が戦場に近く壁形なのも痛かった。▲7七銀~▲7九玉の2手を指したいところだが、その余裕は最後までなかった。

最後は大差となってしまい、100手で羽生棋聖の圧勝。3勝1敗で棋聖防衛を果たした。

このシリーズは4局中3局が横歩取りだったが、いずれも羽生棋聖の勝ちだった。羽生さんの横歩は先手でも後手を持っても強い。これを見ると名人戦で森内名人が3手目▲2五歩を採用して羽生横歩を避けたのも分かる気がする。

これで羽生棋聖は棋聖6連覇、通算12期目の獲得となった。やはり一日制の羽生さんは強かった。
渡辺竜王も一日制が苦手というわけではない。棋王を持っているし、一昨年の王座戦では羽生さん相手に3タテもしている。いくら羽生さんが一日制に強いといっても今回は竜王の勢いが上回るのではないかと思っていた。しかし、結果は3勝1敗で防衛。羽生三冠の壁はまだまだ厚いと思ったシリーズだった。

一方、渡辺竜王はシリーズ全体を通して不出来な内容だったと思う。やはり先手番で1つも勝てなかったのは痛かった。今回は残念な結果だったが、秋の竜王戦までにはしっかり立て直してくるだろう。次の目標に切り替えて頑張ってほしいと思う。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/18 07:00 ] 棋聖戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL