スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

達人戦準決勝 羽生vs加藤

富士通杯達人戦中継ブログ: *第21回2回戦
棋譜→第21回富士通杯達人戦準決勝第1局 羽生善治三冠 対 加藤一二三九段

今日は達人戦準決勝の羽生三冠vs加藤九段戦がありました。2人が対戦するのは2002年のA級順位戦以来なんと11年ぶり。久しぶりの羽生加藤戦ということで楽しみにしていたファンも多かったでしょう。人気棋士同士の対戦ということでニコ生でも中継がありました。

振り駒の結果加藤九段が先手で▲7六歩△8四歩▲6八銀から矢倉に。羽生さんが加藤先生得意の矢倉を受けてくれました。5手目▲7七銀~▲2六歩は昭和の香りがする駒組みですね。現代は飛車先不突が主流ですが、これは▲2六歩を早めに突く旧矢倉24手組です。27手目▲3七銀と上がって「加藤流」になりました。

△7三銀に▲4六銀と上がった局面は30年前の中原加藤の名人戦でも指されている有名な形。
△7五角(42手目)に▲7六歩と打つのも加藤九段が最初に指した手です。50手目過ぎまで定跡手順が続きます。
2013羽生加藤001

解説は矢倉の名手高橋九段でしたが、終始後手が指せるという見解でした。「羽生補正」もあったようですが(笑)。高橋先生も言ってましたが、この将棋は3七の銀の活用が難しいですよね。

2013羽生加藤002
終盤の▲4一金(93手目)はかなり打ちにくそうな手でしたが、どうだったのでしょうか。このあたりで形勢に差がついたように思います。ニコ生では▲4一金に代えて▲4六銀!という強手が指摘されていましたが、駒を沢山渡すのでちょっとやりにくかったですか。でも、▲4六銀見たかったですね。

結局3七の銀は最後まで上手く使えず羽生三冠の勝ちとなりました。結果は残念でしたが加藤先生らしい将棋が見られたので良かったです。

それにしてもひふみんの「あと何分?」攻撃は凄かったですね。1~2分おきに「あと何分」と聞いてました(笑)

感想戦の中継もあって楽しかったですね。ひふみんらしい感想戦で羽生さんも楽しそうでした。高橋先生の「感想戦の解説」も新鮮で面白かったです。

ニコ生のアンケートでは93%が「とても良かった」と回答していましたが、私も大満足でした。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/21 23:19 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL