スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第54期王位戦第3局 行方八段初勝利

王位戦中継Blog: *第54期王位戦七番勝負第3局
棋譜→第54期王位戦七番勝負 第3局 羽生善治王位 対 行方尚史八段

羽生王位が2連勝で迎えた第3局。第1局、第2局と良いところなく敗れた行方八段だったが、本局は行方さんらしい将棋を見せてくれた。

戦型は▲7六歩△8四歩▲6八銀の出だしから矢倉だった。先手は▲4六角とぶつける脇システム。
脇システムにも色々なパターンがあるが、本譜のように▲1六歩型で△8四銀(38手目)と上がるのは珍しいようだ。(△8四銀では△9四歩のほうが多い)

20130730羽生行方1
53手目(▲6四歩)の局面は1局だけ前例がある。ここで△8六歩▲同歩△8五歩の継ぎ歩攻めが行方の構想だった。対して先手は▲7一歩成から桂香を拾う。駒割りは先手の桂香得になったが、後手は玉頭に大きな拠点を作ることができた。

得した香車を2六に据えたところは私も先手が良さそうに見えた。だが、実際は難しかったようだ。

▲6三同角成(89手目)の局面は二手スキだが、駒を渡しているので先手も怖い形になっている。
20130730羽生行方2
ここで△7七銀!と放り込む手があった。▲同桂△同歩成▲同玉に△8七金が俗手の好手で先手玉は寄っている。7三に銀がいるので先手玉は上に逃げることができない。以下△5七角成まで先手玉は必至。
羽生王位は▲2三歩から王手をかけ続けたが後手玉は詰まず、行方八段の勝ちとなった。

途中は先手が快調に攻めて良さそうだったが、やはり玉頭の拠点は大きかったということだろうか。羽生王位曰く「もう少し受けに回る手を指さないといけなかったかもしれない」とのこと。
それよりも本局は行方八段の終盤力が素晴らしかった。△7七銀からの切れ味鋭い寄せは格好良かった。

これで羽生王位の2勝1敗。行方さんが羽生さんからあと3つ勝つのは大変だと思うが、もう1つ勝って陣屋(第6局)まではもつれてほしい。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/31 07:00 ] 王位戦 | TB(0) | CM(3)
巻き返しを期待しましょう。
[ 2013/07/31 23:40 ] [ 編集 ]
やっと行方八段らしい将棋が見れた
終盤力なら棋界一と自負している?だけあったな
次もこの勢いで勝ってほしい
[ 2013/08/01 00:17 ] [ 編集 ]
結婚して更に強くなりましたね。
[ 2013/08/02 12:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL