スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯1回戦 上田女流vs西川四段

1回戦最後の対局は上田初美女流三段と西川和宏四段の対戦だった。上田さんは奨励会員ではない女流の中で唯一タイトル(女王)を持っていたため女流枠で初出場となった。

両者とも振り飛車党だが、上田さんは対抗形を好むタイプで振り飛車党相手には居飛車にすることが多い。本局も▲7六歩△3四歩に▲2六歩から居飛車を選んだ。対して西川四段は飛車を一旦4筋に振ってから△3二飛と振り直す「4→3戦法」を採用した。これは解説の戸辺誠六段が得意にしていて本も出している。

4→3戦法に対する上田の作戦は▲6六歩と角道を止める指し方だった。先手が角道を止めたので後手は△3三角と上がるしかない。先後ともに穴熊に組んで相穴熊になった。

先手が▲3七桂と跳ねたので後手はその桂頭を目標にして動く。△3五歩▲同歩△4二角(44手目)と動いたところは振り飛車が指しやすい形勢だと思う。

20130804上田西川2
対して先手は角を切って▲2四飛と走ったが、△1二角がピッタリの受け。
20130804上田西川1
2一の地点を受けつつ6七の金取りにもなっている。一見▲2三銀で受かっているように見えるが、それには△2二飛の返し技がある。ということで先手は銀を打たずに▲4五桂△同歩▲5四飛としたが、△3五角の味が良い。1二と3五、二枚の角が先手玉を睨んでいて厳しい。形勢ははっきり後手優勢になった。

以下はワンサイドゲームとなって西川四段の圧勝だった。
△1二角一発で決まった感じの将棋だった。先手はその前の駒組み(▲3七桂)が良くなかったかもしれない。僅かな隙を西川プロに上手く咎められてしまった。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/04 23:44 ] NHK杯 | TB(0) | CM(1)
遠見の角はカッコいいなぁ…
こんな所に角を打って、その角のラインで攻めて、相手の穴熊をボロボロに崩して快勝するとか一度やってみたいよ
[ 2013/08/07 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL