スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

竜王戦決勝トーナメント 郷田vs山崎

棋譜→第26期竜王戦決勝トーナメント 郷田真隆九段 対 山崎隆之八段
今日は竜王戦本戦の準々決勝、郷田九段対山崎八段戦がありました。

郷田九段が先手で戦型は矢倉でした。10手目△5三銀が山崎流。このタイミングでの銀上がりは少し早いですが、山崎八段はこの急戦矢倉を得意としています。最近だと竜王戦1回戦とNHK杯の佐藤天彦戦もこの作戦でしたね。

先手は▲7七銀から早囲い。対して後手は中央に戦力を集め攻撃形を整えます。

20130806郷田山崎1
△5五歩に銀を引かずに▲4五銀(41手目)と出たのが驚きの一手でした。△6三銀と引かれて次に△4四歩で銀が死んでしまいますが、銀を取られる間に攻めが繋がれば指せるという大局観。先手は桂損になりましたが、2筋と3筋から攻めが続きました。

20130806郷田山崎2
▲2三銀(65手目)から金を一枚剥がしたところでは先手優勢になっています。先手は▲3三歩成や▲2三歩成△同歩▲2二歩など歩を使った攻めがあるのに対して、後手は歩切れで攻めが一手ずつ遅れている。

以下は郷田九段が鮮やかに寄せ切って快勝となりました。終盤は後手にチャンスがなかったので、▲4五銀と踏み込んだのが好判断だったということでしょう。郷田さんらしい勝ち方だったと思います。

これで郷田九段はベスト4進出。今期竜王戦ベスト4は佐藤、郷田、森内、羽生(羽生三冠は既に敗退)と全員羽生世代ということになりました。相変わらずこの世代は強いですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/07 07:00 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL