スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第54期王位戦第4局 羽生王位防衛に王手

王位戦中継Blog: *第54期王位戦七番勝負第4局
棋譜→第54期王位戦七番勝負 第4局 羽生善治王位 対 行方尚史八段

挑戦者が1勝返して迎えた第4局。結果は78手で羽生王位が勝って王位防衛に王手をかけた。

戦型は行方先手で横歩取りだった。後手の△5二玉+8四飛型に先手は中住まい。▲7七角(31手目)と上がった局面は前例は少ないが、研究会等では指されている形のようだ。

先手は7筋を突き捨て▲7二歩を垂らしてから飛車をぶつけた。飛車交換は先手指せるというのが行方八段の読みだったが・・・
20130809行方羽生1
堂々と△同飛と応じられて先手困った。飛車交換の後の△7五香(52手目)を行方さんは見落としていたようだ。
20130809行方羽生2
続く▲4一角に△5一玉(54手目)もウッカリしていたようで以下は修正が利かなくなった。

先手は飛車をぶつけた手が敗着で、藤井九段が指摘していた▲7四歩△同歩▲5六飛のように曲線的に指すべきだったようだ。

行方八段にとって不本意な将棋となってしまった。第3局が良い内容だったのでその勢いで先手番を取ってほしかったのだが・・・気持ちを切り替えて第5局行方さんらしい将棋を見せてほしい。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/10 07:00 ] 王位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL