スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

竜王戦準決勝 佐藤vs郷田

竜王戦中継plus: *第26期竜王戦決勝トーナメント
棋譜→第26期竜王戦決勝トーナメント 佐藤康光九段 対 郷田真隆九段

昨日は王位戦の他に竜王戦決勝Tの準決勝、佐藤九段vs郷田九段戦もありました。いやー、それにしても暑いですね。ブログも夏バテ気味ですが、とりあえず簡単にまとめておきます。

戦型は佐藤九段が後手でダイレクト向かい飛車でした。佐藤さんは最近後手番だとこれが多いですね。対して郷田九段は▲6五角を打たずに穏やかに駒組みを進めます。互いに囲いあって振り飛車穴熊対居飛車銀冠の対抗形になりました。先手が▲7八金と締まる前に後手は3筋から動きます。

20130809郷田佐藤1
中盤は一手一手が難しい将棋になりました。△4五桂に対して4六の銀を取らずに▲6六角(63手目)が好手だったようです。以下△7四桂▲3三歩△6六桂▲3二歩成・・・と飛車角の取り合いになりました。この辺りは先手が歩切れなのでまだちょっと大変かなと思いましたが、郷田九段は▲8四歩からしつこく穴熊に食らいついていきます。

最後まで混戦となりましたが、郷田九段が攻め勝ちました。

中盤から終盤の入り口にかけては後手も指せていたと思うのですが(感想コメントを見ても後手有望の変化はあった)、郷田さんが終盤力で上回った感じの将棋でした。

これで郷田九段は初の挑決三番勝負進出。今期は棋聖戦、王座戦に続いて3度目の挑決進出となります。郷田さんは毎年安定して勝ち星を挙げているのですが、挑決での敗退が多いと思います。過去には王座戦で3年連続挑決敗退したこともありました。今回は「3度目の正直」で初挑戦を勝ち取ってほしいですがどうなるでしょうか。

森内名人との挑決三番勝負第1局は8月15日に行われます。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/10 22:22 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL