スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人生“中盤”の一手~奨励会昭和57年組

昨日NHKで、ドキュメンタリー同期生「人生“中盤”の一手~奨励会 昭和57年組」が放送された。

昭和57年組とは、昭和57年にプロ棋士の登竜門である奨励会に入会した人達のことを指す。彼らの中から羽生善治三冠、森内俊之名人、佐藤康光九段、郷田真隆九段ら8人のプロ棋士が生まれた。名人を3人(森内、羽生、佐藤)も輩出した黄金世代だ。

昭和57年度奨励会入会者
http://www.ne.jp/asahi/yaston/shogi/syoreikai/douki/S57nyukai.htm

その一方で多くは年齢制限で奨励会を退会し、別の道を歩むこととなった。
↑のホームページに昭和57年入会組の名簿が載っているが、入会者24人のうち四段昇段したのは8人。残りの16人はプロになれず奨励会を去った。その中の1人が秋山太郎さん(46歳)。奨励会入会試験では羽生に勝利。周囲からはプロ入り間違いないと言われていたが、三段時代、大事な対局で自分より勝率の低い相手に負けることがあり結果を残せなかった。

秋山さんは現在都内のレコード会社で経理課長を務める傍ら、アマ棋戦にも出続けている。アマチュアのタイトル戦で優勝すれば年齢に関係なく奨励会(三段リーグ)編入試験を受けられるようになった。
放送では触れていなかったが、秋山さんは過去に2度「三段リーグ編入試験」を受験している。結果は不合格だった。それでもなお挑戦し続けている。「自分が20年前に出せなかった結果を出しに行く」と秋山さんは語る。

一方、プロになれたものの勝負の世界の厳しさを実感している同期生もいる。
豊川孝弘七段、46歳。羽生森内らが10代から活躍していたのに対し、豊川が四段になったのは24歳と遅咲き。それでも徐々にトップとの差を詰め、18年掛けてB級1組に昇級した。しかし、2年でB級2組に降級。収入も減った。現在は副業として知人の経営する道場で指導対局を行っている。

今年の名人戦は森内と羽生の同期生対決だった。第5局、森内は前例を覆す新手△3七銀(ponanza新手ですね)を出し快勝。同期森内の将棋に対する姿勢を見た豊川は改めて自分の将棋を見直した。「自分は勝ちたい、勝ちたい、邪念の塊なんですよね。」と豊川は語る。

秋山さんは7月にアマチュア名人戦の東京予選に出場した。2連勝したが3局目で敗れ決勝には勝ち進めなかった。今回はアマタイトルを取る目標は叶わなかったが、今後も挑戦を続けるそうだ。

豊川は一歩ずつ上を目指す決意を新たにしていた。「先も長くない。もしかしたら終わってるかもしれない。でもやってる限り、少し上でも目指す」と語る。今期の順位戦はここまで2勝1敗。3回戦では若手有望株の稲葉陽を倒している。もう一度上を目指して頑張ってほしいと思う。

羽生森内といった勝者ではなく、「敗者」にもスポットを当てた良い番組だったと思う。
普段の豊川プロはオヤジギャグを連発するような明るく陽気なキャラだが、この番組では暗く鬱屈した一面が描かれていた。対局に負けて一人暗い夜道を帰るシーンはグッときました。

この「ドキュメンタリー同期生」は月曜日に放送された相撲回も良かったので是非定期化してほしいなと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/14 20:30 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL