FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯2回戦 森内名人vs松尾七段

名人3連覇中の森内名人と実力者の松尾歩七段の対戦。

戦型は森内先手で矢倉だった。先手の作戦は23手目▲3五歩の早仕掛け。実戦例は少ないがたまに出てくる形だ。▲3五歩△6四角に▲1八飛と逃げるのが普通だが、森内名人は▲3七銀を選択。
20130818森内松尾2
本譜は▲6七金右△4四歩の交換が入っていないのでこの手が一応成立する。(△4四歩型だと△3五歩▲同角△3六歩▲4六銀△4五歩で銀が死ぬ)最近の森内名人は本局のような積極的な序盤が多い。色々なことを試そうとしている。

先手は▲6五歩~▲7五歩で後手の角をいじめてから▲4五銀と上がる。対して後手は銀をぶつけて激しくなった。

4六の銀と角がいなくなったので後手からは△3七歩成(48手目)からと金を作る手がある。解説の野月七段は△3七歩成▲同桂△3六歩に▲3八飛と回って桂馬を取らせる手を読んでいたが、森内は▲2五桂と跳ねてと金を作らせた。対して松尾はこのと金で飛車を追っかけて千日手模様に。同一局面が3回続いたが松尾は△2四歩から打開を選ぶ。

そこから大激戦の終盤になった。先手は▲7一飛から竜を自陣に引いたが、これは形勢容易でない感じ。

△8三桂(106手目)から竜を取られた局面は逆転して後手にチャンスが来ていると思う。△3三角に▲4五桂は詰めろになっていない。
20130818森内松尾1

これは名人ピンチかと思われたが、△6七と▲3三桂不成△3二玉に▲5六角が攻防の詰めろ。松尾は△3四歩と受けたが、これは受けになっていない。▲4一銀以下後手玉に必至がかかって森内名人の勝ち。

最後は手に汗握る終盤戦だった。松尾さんが△3四歩打った瞬間、森内名人の表情が変わって頭を抱えていたのが印象的だった。(逆転に気づいたのだろう)

※感想戦がなかったので最終盤をソフトで調べてみたが、▲4五桂に△5五角を挙げていた。以下▲3三銀(詰めろ)なら△7六馬以下の詰みがある。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/19 06:43 ] NHK杯 | TB(0) | CM(5)
△3四歩に森内名人の表情が変わったのを見て、松尾七段が自分のミスに気づいて頭を抱えたという事ですか?
[ 2013/08/19 09:11 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
拙い表現ですいません。頭に手をやってたのは森内名人です。
> △3四歩に森内名人の表情が変わったのを見て、松尾七段が自分のミスに気づいて頭を抱えたという事ですか?
[ 2013/08/19 12:33 ] [ 編集 ]
108手目の攻めで勝敗が分かれた
108手目の松尾歩7段の間違った攻めで勝敗が分かれています。
本譜は「5八馬」と王手をしました。そうではなく、
108手目に「7五桂」とすれば、合い利かず、投了で、松尾歩7段の勝ちだったのです。
皆さん、確認してみて下さい。
[ 2013/08/25 00:16 ] [ 編集 ]
Re: 108手目の攻めで勝敗が分かれた
108手目単に△7五桂は▲3二銀の一手詰めですね。何か勘違いされてませんか?
> 108手目の松尾歩7段の間違った攻めで勝敗が分かれています。
> 本譜は「5八馬」と王手をしました。そうではなく、
> 108手目に「7五桂」とすれば、合い利かず、投了で、松尾歩7段の勝ちだったのです。

[ 2013/08/25 06:00 ] [ 編集 ]
失礼しました。ただ・・・。
確かに、前述の108手目の「7五桂」は間違っていましたが、
108手目のミスで、松尾7段の勝敗は分かれたと思います。整理すると、
[108]△3三角[109]▲4五桂[110]△4四角[111]▲3三銀[112]△同馬
[113]▲同桂[114]△3二玉[115]▲4一銀[116]△3三玉[117]▲7一龍
[118]△5一歩打[119]▲6六銀打[120]△6四桂打[121]▲同歩
[122]△6七銀打[123]▲8七玉[124]△7八銀不成 ⇒ 投了

いずれにしても、森内名人は飛び駒が「桂」しかなく、「▲5六角打」
「▲1五銀」の待ち駒で金銀で寄せ切った。
つまり、王手王手は難しく、1手空く訳です。
そんな中、松尾7段は「5八馬」「6七と金」が悪手。勝てる勝負を負けた。
ただ、私は個人的には森内名人を応援していますが・・・。
[ 2013/08/25 09:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL