スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

B級1組順位戦5回戦 豊島連勝ストップ

昨日はB級1組順位戦の5回戦がありました。結果と戦型を簡単にまとめておきます。

山崎 隆之八段(1勝4敗)●-○飯塚 祐紀七段(2勝3敗)
戦型は山崎八段得意の▲相掛かり棒銀でした。
20130822山崎飯塚1
129手目、山崎八段が▲1四桂と打てば後手玉は受けがなく先手勝ちだったのですが、本譜は▲1四歩だったためまさかの逆転負け。持ち時間を2時間以上残していたのに、なぜ時間を使わなかったのか・・・。敗れた山崎八段は1勝4敗となって、今期のA級昇級は厳しくなりました。

広瀬 章人七段(4勝1敗)○-●藤井 猛九段(2勝3敗)
戦型は藤井先生の後手角交換四間飛車。先手は四枚矢倉、後手は銀冠に組み替えます。先手が5六に自陣角を打って局面が動きましたが、その後の折衝で後手に失着があって先手優勢になりました。最後は大差となって藤井九段投了。

丸山 忠久九段(3勝1敗)○-●木村 一基八段(1勝3敗)
丸山九段が先手で横歩取り青野流。最近流行ってる将棋ですね。△7六飛と横歩を取らずに先に△2六歩と垂らしたのが後手の工夫で、公式戦の前例はないようです。
感想コメントを読むと、その後の指し手(24手目、30手目)が良くなかったと木村八段は悔やんでいました。

松尾 歩七段(4勝1敗)○-●畠山 鎮七段(3勝1敗)
松尾七段先手で相掛かり棒銀。先手は4筋の位を取って矢倉、後手は銀冠に組み替える。先後共に右四間の形から後手が端攻めに出ましたが、少し攻めが細かったようです。
最後は後手が入玉できるかという将棋になりましたが、先手が寄せ切りました。

高橋 道雄九段(0勝5敗)●-○橋本 崇載八段(4勝1敗)
共に前期A級から降級してきた同士の対戦。ハッシーが後手で4手目角交換からダイレクト向かい飛車を採用しました。先手の▲6五角に△7四角と合わせてから7筋に振り直す形になりました。
終盤の入り口までは先手優勢と言われていましたが、高橋九段にミスが出て逆転。橋本八段の勝ちとなりました。
勝ったハッシーは4勝1敗。先日放映された銀河戦でも渡辺竜王に勝ってましたし、今期は好調ですね。一方高橋九段は5連敗。本局もそうでしたが、最近の高橋先生は序中盤で良くなっても終盤競り負ける展開が多いような気がします。

阿久津 主税七段(2勝2敗)○-●豊島 将之七段(4勝1敗)
ここまで4戦全勝の豊島七段と阿久津七段の対戦。阿久津さんが先手で横歩取り模様の出だしでしたが、横歩を取らずに▲9六歩と突く趣向を見せます。対して後手は△8二飛と引いて先後共に引き飛車の相掛かりになりました。
一度戦いが起こってから第二次駒組みに入り長期戦に。そこから先手が先に攻める展開になり阿久津さんが良くなりました。
終盤、豊島七段もしぶとく粘りましたが阿久津七段が押し切って勝ち。

==========
昇級争いは4勝1敗で橋本、松尾、広瀬、豊島の4人、そして3勝1敗で丸山、畠山鎮。1敗が合わせて6人という混戦になりました。前期は行方八段の独走でしたが、今期は星の潰し合いで団子状態になりそうです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/23 08:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL