スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯2回戦 中村太地vs高橋道雄

20代の若手棋士(竜王除く)の中で誰が一番タイトルに近いかと聞かれたら中村太地の名前を挙げる人は多いだろう。昨年の棋聖挑戦に続いて今期も王座戦で挑戦者になった。順位戦はC級1組だが、トップ10に匹敵する力を持っていると思う。対戦相手の高橋道雄九段はA級通算13期在籍の実力者。最近は将棋界以外でもマルチな活躍をしている。

中村太地六段が先手で、戦型は両者の事前の予想通り横歩取りになった。先手中住まいに後手は4一玉型の中原囲い。
△5四飛(26手目)が高橋の用意してきた作戦だった。かつて中原十六世名人が得意としていた指し方だが、最近ではあまり見ない古い形だ。次に△7三桂~△6五桂と跳ねて中央を狙う。

20130825中村高橋2
▲5六角(41手目)の桂取りに高橋は△2五歩▲2八飛を入れてから桂馬を成り捨てる強襲を決行。本譜は▲5七同銀と取ったため△5五角で両取りがかかった。
このあたりは先手が桂得で良くなりそうな感じだったが、形勢は難しかったようだ。

20130825中村高橋1
後手の飛車が狭くなったところで高橋はじっと△2六歩!
この手には解説の深浦九段も「飛車が危なくて△2六歩突ける人はなかなかいない」と感心していた。後手の飛車は詰んだが、△2七歩成▲同金△3九飛で攻めが続いた。

中村は▲7七玉から▲6六玉と上がって粘るが、そこでじっと△3六歩(76手目)がこれまた落ち着いた手。▲3四歩からの攻めは大丈夫とみている。以下△3七歩成からと金の攻めが間に合って後手の勝ちとなった。

若手最強の中村太地相手にベテランらしい見事な将棋だった。高橋九段の自分からは崩れない渋い指し回しが印象に残った。

中村太地さんの感想ツイート↓


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/26 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL