スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羽生王位防衛、3連覇

王位戦中継Blog
棋譜→第54期王位戦七番勝負 第5局 羽生善治王位 対 行方尚史八段

昨日行われていた王位戦第5局。結果は羽生王位が行方尚史八段を下し、4勝1敗で防衛を果たしました。

戦型は後手行方八段の一手損角換わり。序盤に駆け引きがあった。▲7六歩△8四歩▲2六歩の出だしで(ゼロ手損の)正調角換わりになると思われたが、6手目△9四歩が挑戦者の趣向。このタイミングで端歩を突くのは珍しい。羽生王位が端を受けたのを見て行方さんは一手損にスイッチした。

一頃に比べるとプロ棋界で一手損角換わりは減った印象がある。特に最近は4手目角交換が主流で、本局のような△3二金型は少なくなっている。ということで行方さんの構想に注目したが、封じ手のあたりで既にちょっと苦しそうな感じ。

対局はスローペースで進み2日目に入ってもじりじりとした中盤戦が続いたが、先手が少しずつ指しやすくなった。局後の感想によると、(54手目)8筋の突き捨てを入れるタイミングが疑問で以下はノーチャンスだったようだ。後手は玉頭から暴れようとしたものの手厚く受け止められて手が続かなかった。95手で羽生王位の完勝に終わった。

シリーズ全体を振り返ってみると行方さんのほうにミスが目立ったと思う。勿論それをきっちり咎める羽生さんが強すぎるというのもある。他の相手なら多少ミスしても終盤力で何とかなっていたのが、羽生さん相手だとワンミスが致命傷になってしまう。棋譜コメにもあったが、今期の行方さんの成績は王位戦を除くと13勝2敗。それでも羽生さんの厚い壁に跳ね返されてしまった。
今回は初のタイトル挑戦で慣れてない部分もあったと思うので、この経験を次のタイトル戦に生かせるように頑張ってほしいですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/29 07:00 ] 王位戦 | TB(0) | CM(1)
去年の藤井九段との王位戦の方が面白かった
[ 2013/08/30 04:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL