スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

竜王戦挑決第3局 森内名人が挑戦者に決定

昨日行われた竜王戦挑戦者決定戦第3局は森内名人が郷田九段を破って4年ぶりの竜王挑戦を決めました。棋聖戦、王座戦に続いて今年三度目の挑決進出だった郷田九段でしたが、またしても挑決で涙をのむ結果となりました。

棋譜→2013年9月9日 第26期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第3局 森内俊之名人 対 郷田真隆九段

第3局は森内名人が先手で矢倉。▲4六銀・3七桂の将棋で先手が▲9六歩と受ける形に進みました。50手目前後までは定跡手順。△4二銀と一度引いてから△5三銀(54手目)と上がるのが郷田さんの工夫でした。前例はないようです。

20130909森内郷田001
▲4九飛(54手目)の手待ちに△4四銀と上がった手が良くなかったか。以下4筋で銀交換してから▲6五飛~▲8五飛と移動することができて先手が良くなりました。△6四歩と打たされたことで後手は歩切れに。▲8五飛に8四銀と打たされるのはちょっと辛い。

郷田九段は馬を作って粘りにいきますが、森内名人の的確な指し手が続き先手の圧勝に終わりました。

この結果、七番勝負は渡辺竜王と森内名人の名人竜王対決となりました。2人が竜王戦七番勝負で対戦するのは2004年(第17期)、2009年(第22期)に続いて3度目となります。前回(2009年)は森内さんが4連敗。通算の対戦成績でも渡辺竜王が勝ち越していますが、今年の名人は内容が充実しているので期待できそうです。10年前に渡辺さんに奪われた竜王のタイトルを取り返すとなればストーリー的には面白いでしょうね。

七番勝負第1局は10月17日に千葉県野田市で開幕します。
第26期竜王戦七番勝負日程(竜王戦中継Plus)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/10 07:00 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL