スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯2回戦 佐藤康光vs豊島将之

2回戦屈指の好カード。決勝で当たってもおかしくない組み合わせだ。過去の対戦成績は佐藤の3勝、豊島の2勝。そのうち4局は王将戦の挑戦者決定リーグで顔を合わせている。

戦型は後手佐藤のダイレクト向飛車。対して先手が▲6五角打つかどうかが序盤のポイントだが、豊島は▲6五角を打った。4三に角を成って、6一の金と交換して▲7五金で角を捕獲するところまでは定跡手順。△3五歩~△5四歩(22手目)が佐藤の工夫のようだ。

先手は▲7七桂から8筋に飛車を転換。対して後手も△8一飛と回ると思われたが、佐藤は△9四角と角を投入して受けた。少し欲張った指し方だが、△7五歩からの反撃も狙っている。
20130929佐藤豊島1
桂交換の後▲7七金~▲8六金と上がって角をいじめるが、角を逃げずに△7六歩の取り込みが厳しい。これに▲6九桂と受けるのでは先手が少し辛いのではないかと思われた。

しかし、形勢は難しかったようだ。▲6八玉に佐藤は△5五歩~△5一飛と追撃したが、▲7三歩~▲7四歩の叩きが返し技。
20130929佐藤豊島2
△7四同玉に▲4七角△7三玉▲7四歩△7二玉▲7三角・・・と先手の攻めが続いて形勢逆転、豊島が優勢になった。

以下先手の寄せが決まって豊島七段の勝ち。

中盤は佐藤九段がうまくやったと思いましたが、△5五歩~△5一飛が甘かったのかな。それにしても豊島七段、一瞬の隙を見逃さなかったのは流石ですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/30 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL