スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61期王座戦第3局

王座戦中継Blog: *第61期王座戦五番勝負第3局
棋譜→2013年10月2日 第61期王座戦五番勝負 第3局 羽生善治王座 対 中村太地六段

1勝1敗で迎えた第3局。戦型は中村六段が先手で角換わり腰掛け銀になりました。

41手目▲1八香は最近よく見かける局面。以前は▲2五桂~▲2八角が主流でしたが、先手の分が悪いということで▲1八香の手待ちが指されています。▲1八香△1二香の交換を入れてから▲2五桂と跳ねて△2四銀なら▲1九角と打つ。前例の中には中村六段が指した将棋もあります。

20131002中村羽生1
本譜は▲2五桂に銀を逃げず△3七角でした。前例は▲糸谷△大平戦で先手の糸谷六段が勝っていますが、羽生王座は後手もやれるとみたのでしょう。

20131002中村羽生3
後手が馬を作ったのに対して先手は▲4五歩と突いて4六に角を打ちました。やはりこのラインの角打ちが急所のようです。▲8二銀から桂香を拾って先手ペースになりました。

後手は7筋と8筋から反撃しますが、先手の攻めに対して一手ずつ遅れている感じです。

20131002中村羽生2
△8七歩に▲同玉(101手目)と取った手は危なく見えましたが、問題なかったですね。△5四馬には手厚く▲6五金と受けて先手が再び引き離しました。最後は▲1五金が決め手となって中村六段の勝ち。

一局を通して中村六段が終始ペースを握っていたと思います。快勝と言っていいのではないでしょうか。

これで中村六段が2勝1敗として王座奪取に王手をかけました。しかし、第4局は羽生王座が先手なのでまだ分かりません。これまで3局とも先手番が勝利を収めていますが第4局はどうなるでしょうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/03 07:00 ] 王座戦 | TB(0) | CM(1)
面白くなってきましたね。
奪取か、防衛か。
[ 2013/10/04 13:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL