スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第3回電王戦の出場棋士5人が決定!

「第3回 将棋電王戦」5人の出場棋士揃う、屋敷九段「非常に心強い面々です」 | マイナビニュース
将棋電王戦 HUMAN VS COMPUTER | ニコニコ動画

第3回電王戦の出場棋士が発表されました。
出場者は
屋敷伸之九段、菅井竜也五段、森下卓九段、佐藤紳哉六段、豊島将之七段
の5人に決まりました。

良いメンツを揃えたなと思います。

菅井五段は振り飛車党枠。大和証券杯優勝の実績があり、若手振り飛車党では最も強い棋士だと思います。前回は振り飛車党がゼロだったので菅井くんには期待しています。
森下九段はベテラン枠(塚田枠)。故・米長永世棋聖と縁が深かった棋士なので出そうな予感はしてました。出場を決めた理由について「最近は解説する側が多かったので解説される側に回りたかった」と答えてましたね。塚田さんのような根性を見せて男を上げてほしい。森下さんは入玉が得意なので塚田さんの時みたいに入玉将棋になるかもしれません。
佐藤紳哉さんはサトシン枠?(笑)最近はバラエティ方面で注目されてますが、勝率第1位賞を取ったこともある実力者。あまりネタに走らず将棋の内容でいいところを見せてほしいと思います。
豊島七段は若手エース。順位戦はB1ですが実力はAクラスと言って良いと思います。豊島さんが出てくれるとは思っていませんでした。

A級棋士は前回と同じく一人しかいませんが、豊島さんは実質A級みたいなもんですし、菅井五段は某所のレーティングでは20位以内に入ってる強豪。前回よりも少しレベルが上がっている印象があります。順位戦の各クラスから1人ずつ、関東3人に関西2人とバランスの取れた人選だと思います。

対戦相手の5つのソフトは11月2日~4日に行われる「将棋電王トーナメント」で決まります。電王トーナメントに出場するのはBonanza、ponanza、ツツカナ、習甦ら23チーム。前回出場のGPS将棋、Puella αとコンピュータ将棋選手権で上位に進出した激指、Ninedayfeverの名前はありません。強豪ソフトが出ていないのは残念ですが、あのルールだと仕方ないですか。

第3回電王戦の新ルールも発表されました。持ち時間はプロ棋士、コンピュータそれぞれ5時間のチェスクロック方式で、消費後は1分将棋。さらに、休憩を12時~13時までの昼食休憩と、17時~17時30分までの夕食休憩の二回設けることになりました。前回は持ち時間4時間で夕食休憩がなかったので、より人間に有利な時間設定になったと言えます。

勝敗予想は人間側の2勝3敗としておきます。理想は勝ち越しですけど、前回は1勝しかできなかったので2つ勝てば御の字でしょう。屋敷、豊島、菅井で2勝できるかどうか。森下さんと紳哉さんはちょっと厳しいかなと思います。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/07 21:46 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL