スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61期王座戦第4局

中村太地六段の2勝1敗で迎えた第4局。羽生王座の先手で始まった将棋はまさかの千日手指し直しになりました。
羽生王座からするとやや不本意な先手での千日手。このカードでの先手番勝率を考えると中村六段にチャンスが来たと思いました。

棋譜→2013年10月8日 第61期王座戦五番勝負 第4局 羽生善治王座 対 中村太地六段

指し直し局は羽生王座の4手目△8八角成から一手損角換わりに。相腰掛け銀で後手は6筋の位を取って右四間に構えます。中村六段が▲4五歩(37手目)と仕掛けて戦いが始まりました。先手が先攻し、後手は守勢に回る展開。

20131009羽生中村2
△5五同角に▲5六歩(53手目)は強気な一着。当然後手は角を切ってきますが中村六段は切られても大丈夫とみたのでしょう。羽生王座は△4六歩を利かして4六角を消してから△4七銀と重くかぶせてきました。△5六銀成に対して先手も▲1二銀と強く攻め合い。果たしてどちらが読み勝っているのか。

このあたりから検討陣の形勢判断も揺れ動きました。どちらが勝っているのか容易には結論が出ない。
▲6三歩(79手目)で飯島七段は「先手が勝ちになったと思います」と解説していましたが、直後の▲6四飛に△6三金合(84手目)があって簡単ではありません。一手指すごとに結論が変わるので観てるほうからするとハラハラドキドキの展開でした
20131009羽生中村1

△6七角(102手目)に中村六段は▲8三銀から詰ましにいきましたが後手玉は詰みませんでした。ただ、詰みはないものの先手の勝ち筋はいくつかあったようです。棋譜中継の感想コメントによると
103手目▲8三銀では先に▲6四桂と捨てれば後手玉は寄り
115手目▲4三銀では▲5五歩△同銀▲4五金・・・以下自玉を安全にしてから5二の金を取る
119手目▲5七桂が最後の敗着

▲5七桂△同と▲6六金は△6四玉が打ち歩詰めで逃れています。以下は先手の勝ち筋はなく、128手で羽生王座の勝ちとなりました。

それにしても凄い終盤戦でした。何というか見ていてゾクゾクしましたね。

太地さんにとっては悔しい敗戦となりました。この負けはダメージが大きいかもしれません。将棋に負けただけでなく感想戦でも負かされた感じでしたからね。

最終局は10月21日。先後は改めて振り駒で決まります。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/09 07:35 ] 王座戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL