スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61期王座戦第5局 羽生王座防衛

昨日は王座戦五番勝負第5局(決着局)がありました。結果は羽生王座が103手で中村太地六段を破り3勝2敗で王座防衛を果たしました。

棋譜→2013年10月21日 第61期王座戦五番勝負 第5局 羽生善治王座 対 中村太地六段

第5局、改めて振り駒をした結果羽生王座が先手となりました。こういう大一番で先手番を引くあたり羽生さんは運が良いなと思ってしまいます。
戦型は横歩取りでした。羽生王座はどんな戦型でも勝率が高いのですが、特に先手横歩取りは9割近い勝率を残しています。最近先手横歩で負けたのは今年の朝日杯vs渡辺戦と昨年の竜王戦1組vs丸山戦ぐらいですね。

後手は△5二玉+△8四飛型。対して先手の羽生王座は一旦▲6八玉と上がってから▲5八玉と中住まいに戻す作戦を選びました。先手は玉の動きで手損していますが、相手の出方を見ながら指す方針。

▲5六飛に対して後手は2三の銀を3四に上がって先手の飛車を抑え込みにいきました。飛車が狭いので先手はゆっくりしていられません。右銀を3七→4六→5五と繰り出して攻めていきます。

20131021羽生中村2
対して中村六段も一歩も引かない。△6五歩~△5四歩は強気な受け。ただ、ここは単に△5四歩としたほうが良かったようですね。本譜は桂を成ってから▲9五角で先手の攻めが繋がりました。

後手は△4二玉の早逃げに期待しますが、▲2二歩~▲2六桂~▲3四歩と右辺から攻められ挟撃体制に。▲7三銀不成(79手目)が決め手級の一手で受けが難しくなりました。
20131021羽生中村3

以下中村六段必死の防戦を見せますが、▲6一角(103手目)を見て投了。棋譜コメントにもありましたが美しい投了図だと思います。
20131021羽生中村4

残念ながらタイトル奪取はなりませんでしたが、中村太地六段の強さが目立ったシリーズだったと思います。最終局はワンサイドになってしまいましたが第1局から第4局まで内容の濃い好勝負を演じてくれました。この経験をどう生かすか、今後の活躍に注目ですね。次こそはタイトルを獲ってくれると信じています。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/22 07:30 ] 王座戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL